アミノ酸シャンプーは泡立たない?|泡立ちをよくする3つのコツを紹介!

髪や頭皮に優しいからアミノ酸シャンプーに変えてみたけど、なんだか泡立たない…
美容院でシャンプーしてるときはもこもこ泡立っているのに、自分でシャンプーすると、なんだか泡立ちが悪い…

 

そう感じていませんか。

 

シャンプーのときに泡立ちはとっても重要なんです。シャンプーの泡立ちが悪くなる原因や泡立ちをよくするコツもご紹介します!

 

 

 

 

 

モコモコの泡でシャンプーするメリットは?

髪同士の摩擦を軽くしてくれる

髪は水にぬれるとキューティクルが開き気味になってしまいます。

 

キューティクルが開くと、髪の表面でキューティクルが逆立ってしまうので、髪同士が引っかかりやすくなってしまいます。
なので、シャンプー中は髪同士がこすれて髪にダメージを与えてしまうんです。

 

 

これを防ぐために泡はとっても重要なんです。

モコモコの泡が髪を包み込んでくれるので、髪同士の摩擦を軽減してくれるんです。

 

 

 

髪と頭皮についた汚れをしっかり落としてくれる

髪や頭皮についている皮脂汚れや脂汚れは疎水性(水に溶けない)です。
疎水性の汚れを落とすことがシャンプー最大の目的なんです!

 

モコモコの泡に包まれると汚れは浮き上がりやすくなります。汚れが浮き上がれば、シャンプーの洗浄成分が汚れをキャッチしやすくなるので、汚れをしっかり洗い流せます。

 

 

 

どうしてシャンプーで汚れが落ちるのか…?

シャンプーには界面活性剤という洗浄成分が入っています。この洗浄成分の活躍で皮脂汚れや油汚れを落とすことができます。
どうして汚れが落ちるのか、詳しく知りたい方はこちらも合わせて読んでみてください!

 

合わせて読みたい

 

 

実はシャンプーが泡立つのも、シャボン玉や洗剤が泡立つのも、原理は同じです。
泡立ちには「」「洗浄成分」「空気」の3つが必要なんです。
食器用洗剤を乾いたお皿に垂らしてこすっても、泡立たないですよね。

 

 

しっかり泡立てるには、しっかり濡れていることがまず、とっても大切なんです!

 

 

 

シャンプーの泡立ちが悪くなる原因はこれ!

すすぎの時間が短い

shower-shampoo

シャンプー前のすすぎのことを予洗いといいます。
予洗いはシャンプーの工程の中でもあんまり重要視されないんですが…実はとっても重要なんですよ!

 

じゃあ…予洗いって、どのくらいしてますか?
30秒くらい?1分くらい?

 

 

実は、どちらも短すぎます。

 

 

最低でも1分半…本当は2分くらい予洗いしてください。
2分くらい予洗いしてるけどなぁ…って思った方も一度意識してやってみてください。

 

2分って意外と長いんですよ!

 

予洗いがしっかりできれば、髪や頭皮に水分がいきわたるので、シャンプーに必要な水分をたっぷりと含ませることができるんです!

 

 

 

整髪料をたくさん使っている

hair-wax

ワックスやヘアオイルなどの整髪料はほとんどが油分でできています。
油は水をはじいてしまいます。なので、髪や頭皮に水分がいきわたらずにシャンプーが泡立たなくなってしまうんです。

 

さらに、整髪料をつけた髪って粘着性があるので、空気中のホコリとかも髪にくっつけちゃうんです。ホコリも疎水性(水に溶けない)なので、余計にシャンプーの泡立ちを悪くしてしまうんです…

 

 

そんな時も予洗いがとっても重要。お湯でしっかり流せば、整髪料も少し落ちやすくなります!

 

 

 

泡立ちにくい成分を使っている?

shamoo-awa

髪や頭皮に優しいから、アミノ酸シャンプーに変えたけれど、泡立ちが悪い!
そう感じいる方もいるかもしれません。

 

たしかに、アミノ酸シャンプーは泡立ちがよくないといわれることがあります。
ただそれは、高級アルコール系や石鹸系のシャンプーに比べて、泡立ちが弱いだけです。

 

 

予洗いがしっかりできていれば、モコモコ泡立つので、安心してください!

 

 

 

シャンプーの泡立ちはよくするコツは?

ここからはシャンプーの泡立ちをよくするコツをまとめていきます!

ぜひ、参考にしてください!

 

 

髪を濡らす前にブラッシングする

brushing-shampoo

シャンプーの前に軽くブラッシングしてください。
スタイリング剤で髪を固めているときは無理にブラッシングしないで大丈夫です。指で軽く髪をとくだけでもオッケーです!

 

ブラッシングすると、余分なフケや皮脂を浮き上がります。さらに、毛流れができるので、予洗いのとき、水分がスムーズに全体にいきわたります。

 

 

 

2分以上しっかりと予洗いをする

先ほども紹介した通り、シャンプーの泡立ちがよくない原因は水分が髪や頭皮にいきわたってないことです。

なので、シャンプー前の予洗いは2分以上やってください。

 

髪と頭皮をじゃぶじゃぶ洗ってあげましょう。

 

 

 

2度洗いする

予洗いもしっかりしたけど、それでも泡立たない!となれば、2度洗いがおすすめです。1回目はシャンプーを少しだけとって、髪を中心に洗います。これで油汚れを落とします。
全体的に洗うのではなく、髪だけを洗うイメージです。2回目のシャンプーで、頭皮を含めて全体的に洗うイメージです。

 

このときは全然泡立ちません!

 

シャワーで髪を流したら、もう一度シャンプーします。
1度目のシャンプーで髪の汚れが落ちていれば、モコモコ泡立ちますよ!

 

 

ココに注意

1度目のシャンプーは髪についた整髪料を落とすのが目的なので、髪になじませるくらいにしてください。

泡立たないと、頭皮や髪が摩擦でダメージを受けてしまうかもしれないからです…

頭皮の汚れは2度目のモコモコに泡立てたシャンプーで落としてくださいね。

 

 

 

まとめ

いかがですか。

今回はシャンプーの泡立ちが悪くなる原因と泡立ちをよくするコツを紹介しました!

ご紹介したことをぜひ実践してみて、モコモコの泡で髪と頭皮を洗ってください。
髪も頭皮も喜ぶこと間違いなしです!!

-アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

© 2021 アミシャン