シャンプー後に髪がきしむ原因って?アミノ酸シャンプーできしみゼロへ

シャンプーした後に髪がきしむ…指通りが悪い…
誰もが一度は体験したことがあると思います。

シャンプーを変えたときや髪を染めたり、パーマをかけた後などなど…

なぜ髪がきしむのか、どうしたらきしみが治るのか。意外なきしみの原因も合わせて解説していきます!

 

 

1.髪のきしみはキューティクルがカギ!

 

hair-kishimi

 

シャンプー後に髪がきしんでしまうのはキューティクルが閉じていないためです。
キューティクルが開いていたり、傷ついていたりすると、髪同士がこすれ合ったときに、摩擦で引っ掛かりを感じます。
キューティクルが開いている&傷ついていることがきしみの原因です。

 

 

髪の表面はキューティクルに覆われていて、普段はキューティクルは閉じています。
シャンプー後の髪が濡れている状態では、キューティクルは開いているんです!

 

 

キューティクルはなぜ開く?

キューティクルはpHの変化によって閉じたり開いたりします。

pHが4.5~5.5くらいの弱酸性では、キューティクルは閉じています。けれど、pHが7~14の中性~塩基性になったとき、キューティクルは開きます。
水道水のpHは中性くらいなので、髪が水にぬれるだけでもキューティクルは開き気味になります。

 

 

 

キューティクルのことを考えると、弱酸性のシャンプーで洗うことがベストです。
キューティクルが開くのを防ぎながらシャンプーすることができるからです!

 

 

逆に、pHがアルカリ性のシャンプーで髪を洗うと、キューティクルは開きます。なので、髪のきしみを感じます。

 

 

 

2.キューティクルが傷つく3つの原因

キューティクルはpHの変化によって閉じたり、開いたりします。さらに、普段の生活の中でも傷ついたり、はがれたりします。
開きっぱなしや傷ついたキューティクルはきしみの原因です。

 

 

キューティクルが傷つくのは

  • パーマの洗浄成分
  • パーマやカラー
  • シャンプー後のケア

が大きな原因です。

 

 

シャンプーの洗浄成分

shampoo-image

シャンプーには洗浄力が強いものと弱いものがあります。その違いはシャンプーに配合されている洗浄成分(界面活性剤)です。

 

洗浄力が強いというとは、それだけ髪への刺激が強いということです!

髪への刺激が強い洗浄成分は髪表面のキューティクルを傷つけてしまいます。
なので、洗浄力の強いシャンプーを使い続ければ、髪がきしんだり、手触りが悪くなったりします。

 

 

キューティクルのために…できれば避けたい洗浄成分とは

  • 高級アルコール系洗浄成分
  • 石鹸系洗浄成分

 

高級アルコール系洗浄成分はラウレス硫酸○○やラウリル硫酸○○といった石油由来の洗浄成分です。
洗浄力が高いことで有名で、洗うたびにキューティクルにダメージを与えてしまうことも…

 

 

石鹸系洗浄成分は植物や動物オイルから作られた洗浄成分です。
水と石鹸系洗浄成分のみで作られたのが石鹸シャンプーで、添加物などが配合されていないので、アレルギーや化学製品が原因の肌荒れなどを防ぐことができます。

 

しかし…

 

石鹸系洗浄成分には大きな特徴があります。
pHがアルカリ性ということです。なので、シャンプーするとキューティクルが開いてしまいます。
酸性リンスを使ってキューティクルを閉じてあげることが必須ですが、シャンプーのたびにキューティクルは開くので、注意が必要ですね。

 

 

パーマやカラー

パーマやカラーは薬剤で髪をアルカリ性にしてキューティクルを開くことでパーマ剤やカラー剤を髪の内部まで浸透させていきます。

 

カラーやパーマで使う薬剤も日々進化しているので、髪へのダメージを極力少なくするように配合されていますし、美容師さんの技術でもダメージの残り具合もかなり変わってきます。

 

ですがやはり…
キューティクルはダメ―ジを受けますし、ダメージは髪に残ります。髪は死滅細胞なので、キューティクルが傷ついたり、剥がれ落ちたりすると元には戻りません!

 

頻繁にパーマやカラーをする人は注意が必要ですね。

 

 

シャンプー後のタオルドライ&自然乾燥はNG

 

towel-dry

 

シャンプー後はタオルドライして髪は自然乾燥…
これ、結構やってる人多いんじゃないでしょうか?

 

 

シャンプー後はキューティクルが開き気味です。キューティクルが開いたまま自然乾燥すると、髪の毛が乾いてもキューティクルはしっかり閉じず、中途半端になってしまうんです。
キューティクルが開きかけの状態だと髪が引っかかったり、乾燥しやすくなったりして、ギシギシきしむようになってしまうんです。

 

 

ドライヤーの熱ダメージを心配する人もいるかもしれませんが…
熱のダメージよりも、きしみや乾燥でキューティクルがダメージを受ける方が、髪にとっては悪影響なんです。

 

 

 

3・きしみを感じるのはノンシリコンが原因?

ノンシリコンシャンプーに変えたら、髪がきしむ…

そう感じる人が意外に多いんです。
髪にいいと思ってノンシリコンに変えたのに…と思うかもしれません。

 

これにもちゃんと、理由があります。
きしみを感じるのもシリコンが原因なんです!

 

シリコンについては別にまとめた記事があるので、そちらをご覧ください!

 

 

ノンシリコンシャンプーに変えたら、なんできしみを感じるのか…
それは、今まで髪をコーティングしていたシリコンが取れてしまったから!
シリコンは髪をコーティングすることで、髪の質感を良くしてくれます。

 

 

高級アルコール系シャンプーには必ずといっていいほどシリコンが配合されています。
その理由は…洗浄力の強いシャンプーによる髪のダメージを隠すためです。
ノンシリコンシャンプーは髪をコーティングするシリコンが配合されていないので、髪が本来の状態(すっぴんの状態)になります。

 

 

なので、今までシリコンによって隠されていた髪のきしみが現れてしまったんです!

髪にどのくらいダメージがあるかで、感じ方は変わってきますが…
ノンシリコンシャンプーへ変えてすぐは髪のきしみが気になると思います。それはシリコンがコーティングした髪の感触に慣れているから!

 

しばらく使ってみると、きしみも無くなってきます!

 

 

4.髪のきしみをなくすには

髪がきしまないようにするためには、キューティクルのことを考えてあげることが大切です!

おすすめの対処法を3つご紹介します。

  • アミノ酸シャンプーに変える
  • トリートメントを使う
  • シャンプー後にはしっかりドライヤーを!

 

 

アミノ酸シャンプーに変える

キューティクルを傷つけてしまうシャンプーの特徴は、洗浄力が強いシャンプー&アルカリ性のシャンプーでした。

 

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで低刺激な弱酸性のシャンプーです。
なので、髪のことを考えるなら、アミノ酸シャンプーがおすすめなんです!
美容院で使われるシャンプーのほとんどはアミノ酸シャンプーで、シャンプーの中で1番ヘアケア効果が高いです。

 

 

けれど、アミノ酸シャンプーにもたくさんの種類があり、髪の状態によって合うシャンプーや合わないシャンプーがあります。

自分に合った、アミノ酸シャンプーに変えることで多くの人が悩んでいるきしみは解消していきます!

美容院のヘアパックやトリートメントで髪をケアしてあげることも大切ですが、毎日のシャンプーを見直してあげることの方が大切です。

 

 

アミノ酸シャンプーはノンシリコンがほとんど。
→キューティクルを傷つけずに洗えるので、シリコンを配合しなくてもいいんです!

アミノ酸シャンプーに変えて、しばらくしてもきしみが気になるときは、コンディショナーを使いましょう!

今はノンシリコンのアミノ酸シャンプー×シリコン入りコンディショナーのセットが多いです。
コンディショナーを使うとしっとりした仕上がりになりますよ!

 

 

トリートメントを使う

パーマやカラーなどが原因でキューティクルが傷んでしまっている人はアミノ酸シャンプーに加えてトリートメントを使うことがおすすめです!

 

トリートメントはキューティクルをコーティング&補修するので、髪がきしむのを予防してくれます。
髪には自己修復機能がないので、予防してあげることがとても大切です。

 

シャンプー後にはドライヤーを!

hairdryer

 

シャンプーした後、タオルドライして濡れた髪はキューティクルが開き気味です。
キューティクルが開いていると、髪内部の栄養や水分が流れてしまいます。
なので、キューティクルが開いている時間は出来るだけ短くしてあげましょう!

 

 

ドライヤーで髪を乾かしてキューティクルを閉じてあげることは、ヘアケアの仕上げ段階です。
アミノ酸シャンプーを使って優しく洗い上げたのに、自然乾燥では本当にもったいないんです!
シャンプー後のドライヤーを忘れずに、キューティクルをしっかり閉じてあげましょう。

 

 

6.まとめ

いかがでしたか。
今回は髪がきしむ原因と対策についてご紹介しました。髪がきしむことはかなりストレスになりますよね…
自分に合ったヘアケアをすることで、かなり髪のきしみは解消されます。

 

自分に合ったヘアケアって何だろう…?と思ったら、まずはアミノ酸シャンプーに変えてみることがおすすめですよ!

-アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

© 2021 アミシャン