シャンプー後に髪がきしむ原因って?アミノ酸シャンプーできしみゼロへ

kishimi-hair-damage

シャンプーした後に髪がきしむ…指通りが悪い…
誰もが一度は体験したことがあると思います。

 

なぜ髪がきしむのか、どうしたらきしみが治るのか。意外なきしみの原因も合わせて解説していきます!

 

 

1.髪のきしみはキューティクルがカギ!

kishimi-hair-damage

 

シャンプー後に髪がきしんでしまうのはキューティクルが閉じていないためです。
キューティクルが開いていたり、傷ついていたりすると、髪同士がこすれ合ったときに、摩擦で引っ掛かりを感じてしまうんです。

 

キューティクルが開いている&傷ついていることがきしみの原因です。

 

 

一番髪のきしみを感じるときは、シャンプー後のすすぎ中やタオルドライをしているときじゃないですか??

髪のきしみのポイントはキューティクルが開いてしまっていることでした…どうしてキューティクルは開いてしまうんでしょうか?

 

どうしてキューティクルは開いてしまうの?

kishimi-hair

キューティクルはもともと開いたり閉じたりする性質を持っています。

それをコントロールしているのが、pHなんです!

 

シャンプーマニア
キューティクルとpHって実はとっても関係が深いんです

 

キューティクルとpHの深すぎる関係は別の記事で詳しく解説していますので、こっちも読んでみてください!

そもそもpHって何だっけ?って方も、読んでほしいです…大学院までずっと化学の研究をしてきた僕が、できるだけわかりやすく解説してます!!

さらに詳しく

 

キューティクルが閉じて、ベストな状態になるpHは弱酸性です。pHは4.5~5.5くらいです。

 

つまり、pH4.5~5.5の弱酸性でシャンプーできれば、キューティクルも閉じてきしみを少なくできるんです!

 

 

2.キューティクルの傷もきしみの原因に…

きしみの原因はキューティクルが開いてること…だけじゃないんです!

 

キューティクルの傷も、きしみの原因なんです!

キューティクルが傷つくと、傷同士が引っ掛かりやすくなってしまい、髪同士の摩擦が起きてしまいます。

 

キューティクルが傷つくのは

  • パーマの洗浄成分
  • パーマやカラー
  • シャンプー後のケア

が大きな原因です。

 

 

シャンプーの洗浄成分

shompoo-bottle

シャンプーには洗浄力が強いものと弱いものがあります。その違いはシャンプーに配合されている洗浄成分です。

 

洗浄力が強いというとは、それだけ髪への刺激が強いということです!

髪への刺激が強い洗浄成分はキューティクルを傷つけてしまいます。
洗浄力の強いシャンプーを使い続けると、髪のきしみの原因になってしまうんですよ…

 

 

パーマやカラー

パーマやカラーは薬剤でキューティクルを開いて、パーマ剤やカラー剤を髪の内部まで浸透させていきます。

 

カラーやパーマで使う薬剤も日々進化しているので、髪へのダメージを極力少なくするように配合されていますし、美容師さんの技術でもダメージの残り具合もかなり変わってきます。

 

けれどやはり…
キューティクルはダメ―ジを受けますし、ダメージは髪に残ります。髪は死滅細胞なので、キューティクルが傷ついたり、剥がれ落ちたりすると元には戻りません!

 

頻繁にパーマやカラーをする人は注意が必要ですね。

 

 

シャンプー後のタオルドライ&自然乾燥はNG

towel-dry-women

シャンプー後はタオルドライして髪は自然乾燥…これ、結構やってる人多いんじゃないでしょうか?

 

シャンプー後はキューティクルが開き気味です。キューティクルが開いたまま自然乾燥すると、髪の毛が乾いてもキューティクルはしっかり閉じず、中途半端になってしまうんです。

 

キューティクルが開きかけの状態だと髪が引っかかったり、乾燥しやすくなったりして、ギシギシきしむようになってしまうんです。

 

ドライヤーの熱ダメージを心配する方もいると思いますが…
熱のダメージよりも、きしみや乾燥でキューティクルがダメージを受ける方が、髪にとっては悪影響なんですよ。

 

シャンプーマニア
シャンプー後はタオルで優しく水分をとって、ドライヤーで乾かしてください!

 

 

3・きしみを感じるのはノンシリコンシャンプーが原因?

ノンシリコンシャンプーに変えたら、髪がきしむ…

そう感じる方って、意外に多いんです。
髪にいいと思ってノンシリコンシャンプーに変えたのに…と思うかもしれません。

 

ちゃんと、理由があります。きしみを感じるのもシリコンが原因なんです!

どうしてきしみを感じるのか…

 

それは、今まで髪をコーティングしていたシリコンが取れてしまったから!

 

シリコンは髪をコーティングして、髪の質感を良くしてくれます。

ノンシリコンシャンプーは髪をコーティングするシリコンが配合されていないので、髪が本来の状態(すっぴんの状態)になるんです。

 

シリコンでコーティングされた髪とすっぴんの髪を比べれば…当然すっぴんの髪の方が、髪同士も引っ掛かりやすくなります。

 

今までずっと、シリコンでコーティングされた髪の質感に慣れてしまっていると、ノンシリコンシャンプーへ変えてすぐは髪のきしみ感がが気になると思います。

しばらく使ってみると、きしみ感も無くなってきます!

 

シャンプーマニア
きしみ感がなくなると、すっぴん髪ってことです。

 

 

4.髪のきしみをなくすには

髪がきしまないようにするためには、キューティクルのことを考えてあげることが大切です!

ここからは、おすすめの対処法を3つご紹介します。

アミノ酸シャンプーに変えてみる

キューティクルを傷つけてしまうシャンプーの特徴は、洗浄力が強いシャンプーでした。

 

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで低刺激な弱酸性のシャンプーです。なので、髪のことを考えるなら、アミノ酸シャンプーがおすすめです!

 

美容院で使われるシャンプーのほとんどはアミノ酸シャンプーで、シャンプーの中で1番ヘアケア効果が高いです。

 

けど、アミノ酸シャンプーにもたくさんの種類があり、髪の状態によって合うシャンプーや合わないシャンプーがあります。

自分に合った、アミノ酸シャンプーに変えることで多くの人が悩んでいるきしみは解消していきます!

 

実際僕も、毎日のシャンプーをアミノ酸シャンプーに変えたら、きしみもなくなりましたよ!

美容院のヘアパックやトリートメントで髪をケアしてあげることも大切ですが、毎日のシャンプーを見直してあげることの方が大切です。

 

 

トリートメントを使う

パーマやカラーなどが原因でキューティクルが傷んでしまっている人はアミノ酸シャンプーに加えてトリートメントを使ってみてください!

 

トリートメントはキューティクルをコーティング&補修するので、髪がきしむのを予防してくれます。
髪には自己修復機能がないので、予防してあげることがとても大切です。

 

タオルドライ後にはドライヤーを!

hairiron-image

タオルドライで、優しく水分を切ったら、ドライヤーで髪を乾かしてあげましょう!

髪が乾けば、キューティクルは閉じてきます。なので、ドライヤーは仕上げ段階です!

アミノ酸シャンプーを使って優しく洗い上げたのに、自然乾燥では本当にもったいないんです!

シャンプー後のドライヤーを忘れずに、キューティクルをしっかり閉じてあげましょう。

 

 

6.まとめ

いかがでしたか。
今回は髪がきしむ原因と対策についてご紹介しました。髪がきしむことはかなりストレスになりますよね…
自分に合ったヘアケアをすることで、かなり髪のきしみは解消されます。

 

自分に合ったヘアケアって何だろう…?と思ったら、まずはアミノ酸シャンプーに変えてみることがおすすめですよ!

-アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

© 2021 アミシャン