【必見】若ハゲって何歳から?普通のハゲとの違いや対策を徹底解説!

薄毛は男性の大きな悩みのひとつです。10代や20代でも薄毛になる可能性はあります。
しかも、薄毛の悩みは他人に相談しにくいものです…

今回は10代、20代の薄毛…若ハゲについてまとめていきます。
今、薄毛に悩んでいる人も、将来薄毛に悩みたくない人も、読んでいってください!

 

 

 

1.普通のハゲの正体はAGA

薄毛やハゲと聞くと、AGAという言葉もセットで思い浮かびませんか?
一般的なハゲや薄毛はAGAが大きく関わっています!

 

AGA=男性脱毛症といいます。

 

AGAは男性ホルモンと頭皮に存在する酵素が原因でおきるので、実はすべての男性に発症する可能性があります。
一般的にAGAは30代~40代にかけて発症し始め、放置すれば徐々に進行していきます。

 

 

なので…
何もケアしないでいると、40代後半、50代、60代と年齢が上がるにつれてハゲが進行してくることになるんです!

 

 

 

2.AGAの進行の仕方は3タイプ

AGAは3つのタイプで進行していくことがほとんどです。

  • こめかみからはげる「M字型」
  • 頭頂部からはげる「O字型」
  • 額が後退してはげる「U字型」

 

AGA-type

 

 

3つのタイプの特徴をそれぞれ見てみましょう。

  • M字型

左右のこめかみからM字のように薄毛が進行するタイプ
頭頂部の毛を少し残しながら、進行するのがU字型との違い

 

  • O字型

頭頂部のつむじから円形に脱毛が進行するタイプ
進行すると、側頭部と後頭部のみ毛が残る

 

  • U字型

おでこが全体的に後退して薄毛が進行するタイプ
進行するとU字型のように側頭部と後頭部の毛が残る

 

 

AGAは進行性なので、いきなりごっそり毛が抜けるのではなく、徐々に頭皮が広がっていく感じです。
普通のハゲはこの3パターン、もしくはO字型+M字型のように複合したパターンのどれかにあてはまります。

 

 

 

3.若ハゲの正体は一体何なんだ!?

そもそも若ハゲとわ若い年齢で薄毛が進行してしまうことです。
若年性脱毛症 = 若ハゲといいますが、具体的に何歳までに薄毛になってしまったら若ハゲという定義はありません。

 

では、普通のハゲと若ハゲの違いは、ハゲてしまった年齢だけなんでしょうか?

 

 

答えはNoです。

 

 

普通のハゲはAGAが主な原因だということは先ほどお話しました。
AGAは30代以降に発症し、徐々に進行していくことが一般的ですが、10代、20代でも発症する方もいます。
ですが、10代、20代でAGAが発症して薄毛を自覚するほど症状が進行するのはごくわずかです。

 

若ハゲの原因はもっと他にあります!

 

 

 

4.10代、20代の悩む若ハゲの原因をまとめました

ここからは、男性の若ハゲの原因についてまとめていきます。
10代、20代で薄毛が進行してしまう原因は、大きく3つです!

 

  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 誤ったヘアケア

ひとつずつ、見ていきましょう

 

生活習慣の乱れ

syokuzi-image

ファストフードや揚げ物など脂質の多い食事を普段からよく食べている方は注意が必要です。
摂取する脂質の量が多いと小腸での脂質の吸収が増え、血液にたくさんの脂質が含まれた状態になってしまいます。

 

この状態が続くと、皮脂が過剰に分泌されるなどの頭皮トラブルを引き起こすこともあります。
皮脂が過剰に分泌されると頭皮の毛穴がつまり、発毛や育毛を妨げる原因にもなるんです。

 

 

ストレス

stress-image

 

10代や20代は人生の中でもたくさんのイベントがあります。
勉強、進路、仕事、人間関係…などなど、ストレスがかかる場面も多いですよね。

 

適度な緊張感や程よいストレスは大切なことです。

 

人間は緊張を感じると、交感神経が活発になり、アドレナリンという物質が分泌されます。
アドレナリンは「やる気」や「集中力」をアップさせる効果があります。

 

 

ただ、過度な緊張状態は良くありません。

 

強いストレスがかかると交感神経が緊張しすぎてしまい、血管が収縮します。
この状態が続くと、血流が悪くなります。
特に頭は毛細血管という細い血管が密集しているので、血管が収縮した状態が続くと髪を作る毛母細胞へ栄養を送ることができません!

 

毛母細胞に栄養が送られなければ、髪が育つことができず、若ハゲが進行してしまいます。

 

 

誤ったシャンプー、頭皮ケア

shampoo-image

 

毎日のシャンプーは頭皮を直接ケアしてあげることができるのでとても大切です。
シャンプーが間違っていることは、とてももったいないんです!

 

正しいシャンプーは頭皮の血管を拡張させ、血流を良くしてくれます。なので、毛母細胞に栄養が届きやすくなり、若ハゲの予防に効果的です。

 

 

逆に、間違ったシャンプーは、頭皮や髪に負担をかけてしまいます。そのため、頭皮や髪が弱ってしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

若ハゲを防ぐには、正しいシャンプーで頭皮を健康に保ってあげることがとても大切なんです。

 

 

 

5.正しいケアで若ハゲに立ち向かう!

ここからは若ハゲを予防するには、どうしたらいいのか。具体的にまとめていきます!
もし、今すでにちょっと薄いかも、絶対はげたくない!!などなど、今後若ハゲが心配だという方は絶対チェックしてください!

 

  • 食事を見直してみる
  • ストレスをうまく発散する
  • シャンプーを見直してみる

 

ひとつずつ見ていきましょう!

 

 

食事を見直してみる

syokuzi-image2

 

食生活の乱れは薄毛の原因になります。逆に、食生活を見直すことは薄毛の対策予防にもつながります。
私たちは身体の中である程度の栄養を作ることもできますが、多くは食事から栄養を摂取しています。
なので、髪の毛を育てるための栄養も、食べ物からの摂取が必須です!

 

特に髪に必要なのは、タンパク質、亜鉛、ビタミン類です。

 

  • タンパク質

タンパク質は髪の毛を作る基本の成分です。肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキなどに多く含まれています。

 

肉や乳製品は、タンパク質と一緒に脂肪分も摂取してしまうので、食べ過ぎないように注意してください。
脂肪のとりすぎは、皮脂の過剰分泌などの頭皮トラブルの原因につながります。

 

 

  • 亜鉛

亜鉛は髪の毛を構成するタンパク質「ケラチン」の合成に必要な栄養素です。
さらに、髪の毛を作り出す毛母細胞の増殖も期待できます。
カキや豚レバー、納豆、いわし、ナッツ類などに含まれるため、メニューに取り入れてみましょう。

 

 

  • ビタミン類

ビタミンA、ビタミンBなども、髪の成長をサポートしてくれるので、薄毛対策に欠かせない栄養素です。

 

ビタミンAは、新陳代謝をアップして血流をよくし、頭皮環境をよくする働きがあります。
人参やカボチャなどの緑黄色野菜に含まれています。
ビタミンBは髪の毛の元になるケラチンの生成を助け、毛母細胞の分裂を活発にする栄養素です。
納豆、レバー、ほうれん草などに含まれています。

 

 

 

ストレスをうまく発散する

summer-sweat

 

過度なストレスは頭皮の血管を収縮させ、抜け毛の原因になることを先ほどお話しました。
ストレスを感じやすいか、ため込みやすいかはやはり個人差があります。
自分なりのストレスの上手な発散方法を見つけておきましょう!

 

 

おすすめのストレス発散方法

  1. 仕事から離れ、旅行に行く
  2. 大きい声を出したり、泣いたり、感情をあらわにする
  3. ご褒美をあげる
  4. 運動して身体を動かす

 

自分に合う方法でこまめにストレスを発散して、若ハゲ対策していきましょう!

 

 

 

シャンプーを見直してみる

shampoo-image4

 

洗浄力が強すぎると皮脂を落としすぎてしまい、かえって頭皮トラブルを招きかねません。
頭皮トラブルは抜け毛を増やす原因になるので、洗浄力がマイルドなシャンプーで頭皮を洗い上げることがポイントです。

 

若ハゲの予防には、頭皮への刺激が少ないアミノ酸シャンプーがおすすめです。
優しい洗い心地で、頭皮や髪の余分な油分だけを洗い流して、必要な油分を残してくれます。

 

 

6.まとめ

いかがでしたか。
今回は、普通のハゲと若ハゲの違いとすぐにできる若ハゲの対策&予防法について解説してきました。

 

私も20代前半で薄毛に悩んで誰にも相談できないでいましたが、今回ご紹介した方法と続けたら、薄毛が気になる前の状態に戻りました!
若ハゲは簡単にできる対策で充分に改善が期待できます。ぜひ試してください!

-頭皮トラブルにおすすめシャンプー

© 2021 アミシャン