【髪質や頭皮のタイプ別】自分にピッタリのシャンプーの選び方を解説!

damage care-shampoo

毎日のお風呂で使うシャンプー。シャンプーにはたくさんの種類があります。
自分にはどんなシャンプーがあっているのだろう…どのシャンプーを選ぼうか悩んだことはありませんか?

 

髪や頭皮のことを考えるなら、自分に合ったシャンプーを使うことが一番です。
この記事ではシャンプー選びの参考になるように、髪質や頭皮の状態に合わせたシャンプーを種類別に紹介しますね!

 

 

 

 

1.シャンプーの種類とそれぞれの特徴を知ろう

ドラッグストアに行くとたくさんのシャンプーが並んでいますよね。さらに、美容院にしか売っていないシャンプーもあります。
数百円で買えるシャンプーから1万円近くするシャンプーまで…
それぞれのシャンプーにそれぞれの特徴があります。向いてる髪質や頭皮の状態も違います。シャンプーとしての目的も全然違います!

 

 

自分の目的や髪質・頭皮の状態にあっていないシャンプーを使っていると、シャンプーが原因でトラブルが起きてしまうこともあります。

 

自分に合ったシャンプーを選ぶために、まずはどんな種類のシャンプーがあるのか知ることが大切です!

 

 

2.シャンプー選びの基本は洗浄成分

シャンプーの構成は基本的にどれも同じです。

  • 基本的な成分「水」60%前後
  • 汚れを落とす洗浄成分(界面活性剤) 30%前後
  • コンディショニング成分、防腐剤、香料など 10%前後

ほとんどのシャンプーはこのくらいの比率で成分が配合されています。

 

 

洗浄成分でシャンプーを選ぶ!

シャンプーは大部分は水でできています。
次に多いのは、洗浄成分です。この洗浄成分の種類がシャンプーの特徴性格を決めます。

なので、洗浄成分を見ればそのシャンプーがどんなシャンプーなのか分かります!

 

シャンプーに使われる洗浄成分は主に3つに分けられます。

 

 

高級アルコール系

koukyu-alchol-shampoo

 

メリット
泡立ちがよく、さっぱりとした洗いあがりが特徴。低価格で安価なシャンプーに配合されている。
洗浄力が高いので、汗をたくさんかいた頭皮や整髪料がついた髪でも一度でキレイに洗い流せる。

 

デメリット
汚れと一緒に頭皮に必要な皮脂もごっそり洗い流してしまう。
洗うたびに、頭皮や髪に負担をかけてしまうことも…

 

 

石鹸系

sekken-shampoo

 

メリット
水と洗浄成分のみのシンプルな作り。添加物が入ってないので敏感肌やアレルギーなどの心配がない。
天然由来の成分で、環境や人体にも安全。

 

デメリット
弱アルカリ性なので、キューティクルが開いてしまう → 髪内部の栄養が流れ出てしまう。
カラーをする人はカラー剤が流れてしまうので、要注意!
シャンプー後に酸性リンスを使うことが一般的。(キューティクルを閉じるため)

 

 

アミノ酸系

aminosan-shampoo

メリット
洗浄力がマイルドな弱酸性のシャンプー。髪や頭皮を優しく洗い上げます。
頭皮に必要な皮脂は残し、不要な汚れは洗い流すことができます。(選択洗浄性)

 

デメリット
洗浄成分が高価なので、シャンプーの値段が高い。
やさしい洗浄力だからこそ、洗浄力が弱いと感じてしまう人も…

 

 

おすすめは、アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは一般的に洗浄力が弱いことがデメリットとして挙げられますが、正しい洗い方でシャンプーすれば、充分な洗浄力です。
さらに、脂性肌向けのアミノ酸シャンプーは別の洗浄成分が補助的に配合され、洗浄力をカバーしています。

アミノ酸シャンプーはどんな髪質、どんな頭皮でもおすすめできるシャンプーです。

 

まずはアミノ酸シャンプーを選んでみましょう!

 

 

 

3.【タイプ別】自分にピッタリのシャンプーを見つけよう

ここからは、頭皮のタイプ別、髪質別におすすめアミノ酸シャンプーをまとめていきます。
ぜひ参考にしてください!

すべて私が自分で試したシャンプーから選びました。値段もお手頃で、どれも優秀なおすすめシャンプーです!

 

乾燥肌におすすめシャンプー

頭皮がかさついている。乾燥した細かいフケが出る。
そんな方は乾燥肌の頭皮の可能性が高いです。

 

乾燥した頭皮は優しく洗い、保湿してあげることがとても大切です。
保湿成分がしっかり配合されたシャンプーを選びましょう。

 

 

バルクオム

bulkhomme

 

頭皮の乾燥対策におすすめのシャンプー、1つ目は、バルクオムから発売されているTHE SHAMPOOです。

洗浄成分はラウロイルメチルアラニンNaです。
しっかり汚れを洗い流し、さっぱりした仕上がりになるシャンプーです!

 

このシャンプーで注目なのは、保湿成分「グリセリン」の配合量です。
かなり配合量が多いです!

 

しっかり汚れを洗い流し、しっかり保湿する!

ぜひ使ってほしいシャンプーです!

 

 

敏感肌におすすめシャンプー

シャンプーやコンディショナーで頭皮がかゆくなったり、頭皮が赤くなった経験がある人は敏感肌の頭皮の可能性が高いです。

原因は化学物質や植物油のアレルギーなどがあります。
なるべく添加物が少ないアミノ酸シャンプーを選びましょう!

 

ミノン

minon-shampoo

 

すべての人が安心して使える、製薬会社が作った本気のシャンプーです

 

多くのシャンプーが髪や頭皮に良い化学成分や植物オイルを配合することが主流ですが、ミノンは違います!
化学成分や植物オイルは人によってはアレルギーの原因になってしまうことがあります。ミノンはアレルギーの原因物質を極力カットしたシャンプーです!

肌本来のうるおいを守って洗い、こだわりの洗浄成分で優しく洗い上げます!

 

敏感肌の方でも安心して使えるシャンプーですね!

 

 

 

脂性肌におすすめシャンプー

夕方くらいには頭皮がべたついてしまう…
そんな方は脂性肌の頭皮の可能性が高いです。

 

実は脂性肌はシャンプー選びがすごく難しいんです。皮脂が過剰に分泌されているのが原因ですが、皮脂をきれいさっぱり洗い流すのはNGなんです。
皮脂が無くなれば、頭皮はせっせと皮脂を分泌します。結果さらにべたつく…

 

脂性肌にも適度に皮脂を残して洗い上げるアミノ酸シャンプーがおすすめです。

 

 

無印クリアケアシャンプー

clear-care-shampoo

 

オイリーな頭皮におすすめシャンプーは、無印から発売されている、クリアケアシャンプーです。

アミノ酸系(アラウロイルメチルアラニンNa)+ベタイン系の洗浄成分がメインです。
さらに、PEG-3ヤシ脂肪酸MEA硫酸Naが配合されています。アミノ酸系よりも強い洗浄力がありますが、肌への刺激はマイルドな洗浄成分です。

髪と頭皮をさっぱり洗い上げ、さらさらまとまる仕上がりになるシャンプーです!

 

乾燥毛におすすめシャンプー

髪がパサついて、枝毛や切れ毛がある。
そんな方には優しい洗浄力、保湿力、髪の修復力のあるシャンプーがおすすめ。

 

ハーブガーデン シャンプー

herb garden-shampoo

 

乾燥毛対策におすすめのシャンプーは、COCOLARMEのハーブガーデンシャンプーです。

メインの洗浄成分、ラウロイルメチルアラニンNaは頭皮に優しくしっかり汚れを洗い流せます。
さらに、ほかの洗浄剤でしっとりした仕上がりになります!

さっぱり洗い上げるけれど、しっとりした仕上がりになるシャンプーですね!

 

保湿成分も見てみます。保湿成分のグリセリンとヒアルロン酸もしっかり配合されています。

さらに注目してほしいのがシロキクラゲ多糖体です。
これが、ヒアルロン酸よりも保湿力のある優れものなんです!

 

髪の補修成分にも注目です。
「ペリセア」がしっかり配合されています。
成分表にはジラウロイルグルタミン酸リシンNaと書いてあります。

 

ペリセアは髪にくっついて髪の内部を補修してくれる成分です。
この成分のすごいところはシャワーで洗い流しても髪に残り、補修し続けてくれるところです。
美容室で使われるヘアケア商品にもよく配合されています!

 

汚れはしっかり落としながら、しっかり髪の保湿と補修ができる。

とってもおすすめのシャンプーです!

 

 

猫っ毛におすすめシャンプー

猫っ毛は髪が細く、やわらかいのが特徴です。
髪のボリュームが出にくく、ペタッとなりやすいのも特徴です。

 

髪にボリューム出すには、ノンシリコンがおすすめです!
シリコンはしっとりした仕上がりになりますが、髪をコーティングするので、髪のボリュームが出にくくなってしまいます。

 

ボタニスト バウンシーボリューム

bouncy volume-shampoo

 

猫っ毛の方におすすめなのが、ボタニスト バウンシーボリュームです。
かみが細かったり、ボリュームアップしたいといった方向けのシャンプーです。

 

もちろんシリコンは入っていません!

 

洗浄成分はアミノ酸系がメインで優しく頭皮や髪を洗い上げます。
注目なのが、ボリュームアップ成分です!

  • グリコシルトレハロース

トウモロコシのデンプンから作られる成分で、髪の表面をコーティングと補修することで、髪のハリ・コシがアップします!

  • ペリセア

髪に吸着して内部を補修してくれる「ペリセア」ここでも登場です。
髪の内部を補修することは髪を強くすることにもつながるので、ボリュームアップが期待できます!

 

ほかにも、センブリエキスやシャック根エキスなどの植物エキスも配合されているので、頭皮ケアも期待できます!

 

髪を内と外から補修することで髪を元気にするシャンプーです。

ふわっとした仕上がりになるので、ボリュームアップしたい人や猫っ毛の人におすすめです!

 

 

ダメージ毛におすすめシャンプー

パーマやカラーなど繰り返した髪はやはり傷んできます。
傷んだ髪はキューティクルもはがれてしまい、髪の栄養が流れてしまうこともあります。

 

髪の補修成分が配合されたシャンプーやトリートメントを使ってあげましょう!

 

 

ボタニスト ダメージケア

damage care-shampoo

ダメージ毛の方におすすめなのが、ボタニスト ダメージケアシャンプーです。

 

洗浄成分はアミノ酸系をメインに配合しています。
さらに補助的に別の洗浄成分も配合しているため、マイルドながらもしっかり汚れを落としてくれます。

名前がダメージケアだけあって、配合されている髪の補修成分が信じられないくらい豪華。

 

 

  • ペリセア

先ほども配合されていた「ペリセア」ここでもしっかり配合されています。
髪の内部を補修してくれるので、ダメージ毛にピッタリの成分ですね。

 

  • ゼイン

成分表にはさりげなく書かれているだけですが、実はすごい「ゼイン」という成分。
髪表面に吸着してキューティクルを整えてくれます。
さらに、カラーの色持ちをアップさせる効果もあり、カラーをよくする人は注目の成分です!

 

 

  • メドウフォーム-δ-ラクトン

熱に反応して、髪表面のキューティクルと結合するのが「メドウフォーム-δ-ラクトン」です。
キューティクルを保護するので、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるんです!
ダメージ毛表面のキューティクルは傷んでいたり、はがれていたりしています。
なので、髪の内部の栄養や水分が流れていってしまっているんです…

 

メドウフォーム-δ-ラクトンは髪表面を保護してくれるので、髪内部の栄養や水分が流れ出るのを防ぎ、健康な髪へと導いてくれるとっても優秀な成分です!

 

ほかにも、髪を保湿する植物オイルも配合されています。
ダメージケアにとことんこだわったシャンプーです!

 

パーマやカラーをしたり、髪のきしみが気になるなどなど。
少しでも髪のダメージが気になる方にぜひ使ってほしいシャンプーです!

 

 

4.まとめ

いかがでしたか。今回は髪質・頭皮のタイプ別におすすめのシャンプーをご紹介しました。
ご紹介したものはどれも間違えなく優秀なシャンプーです。
私が実際に使ったシャンプーから選んでいるので、効果も実証済みです!

ぜひ、シャンプー選びの参考にしてください!

-シャンプー見極め法

© 2021 アミシャン