【どっち?】縮毛矯正vsヘアアイロンどっちがいいのか問題を徹底解説!

hairiron-women

毎日ヘアアイロンするのと、縮毛矯正かけるの…どっちがいいの?

 

これって結構気になる方多いんじゃないでしょうか。

今回は、縮毛矯正とヘアアイロンどっちがいいのか、紹介していこうと思います。

私自身、10年以上縮毛矯正と付き合ってきた天然パーマですが、縮毛矯正とヘアアイロンを比較してた私なりの見解もご紹介していきますね!

 

 

1.縮毛矯正とヘアアイロンなら「縮毛矯正」

hairiron-women

くせ毛さんの一番大きな悩みでもある「縮毛矯正」か「ヘアアイロン」かの二択。

どうやってくせ毛を伸ばそうか悩みますよね…

 

実際、私も縮毛矯正と出会う前までは毎日ヘアアイロンしていました。

 

縮毛矯正とヘアアイロン、どっちがいいんだろう…くせ毛に悩む方なら一度は必ず悩んだことあるんじゃないでしょうか。

 

縮毛矯正はダメージが大きいっていうし…けど毎日ヘアアイロンしてたら髪はやっぱり痛むんじゃないのか?と思いますよね。

 

実際、別の記事でも、縮毛矯正は美容室のメニューの中で最も髪へのダメージが大きいんです!とご紹介しています。

 

ただ…縮毛矯正と毎日のヘアアイロンを比べるなら、私は縮毛矯正をおすすめします。

 

 

縮毛矯正は美容師さんの力量で決まる

縮毛矯正は美容室のメニューの中でも最も髪へのダメージが大きいメニューです。

それと同時に、最も難しいメニューでもあるんです!

  • 薬剤をしみこませる時間
  • 洗い流すタイミング
  • ヘアアイロンのかけ方

髪の状態によってすべて調整しないといけないので、縮毛矯正は美容師さんの力量で仕上がりが決まってきます。

 

縮毛矯正が得意なサロンや美容師さんに施術してもらえば、髪へのダメージを最小限に抑えることができるので、むしろダメージが改善したんじゃ!?って思うほどきれいに仕上げてもらえます。

逆に、下手な美容師さんに当たってしまえば、「ビビり毛」や「ストレートがかからない」などいわゆる縮毛矯正の失敗が起きてしまうんです。

 

 

ヘアアイロンは自分の力量で仕上がりがきまる

当然、ヘアアイロンは自分でするので、仕上がりや髪へのダメージ具合は自分の腕にかかっていますよね。

ヘアアイロンが髪に与えるダメージって何かというと摩擦です。

 

両方とも髪によくないですが、特に熱はよくないです。

 

ヘアアイロンって何度くらいで使ってますか?

低温で扱うよりも高温で扱った方がストレートになりやすいので、割と高温で使ってる方が多いと思います。

 

ヘアアイロンって、設定できるものは200度とかまで高温で使えます。この温度って髪にとって、あっついんですよ!

髪も細胞の集まりです。温めたヘアアイロンがおでこや首に当たったら、「あっつ」ってなりますよね?

 

そのアツアツのプレートで髪をサンドイッチして伸ばしてるんです!

そりゃ…やけどしちゃうでしょ…

 

しかも、技術的に素人がやるわけなので…何度も、長時間髪へ熱を与え続けると、髪は当然傷んでしまいます。

 

 

個人的に縮毛矯正をおすすめする理由

縮毛矯正をかけようか、毎日ヘアアイロンしようか

 

私は縮毛矯正をおすすめします。

 

縮毛矯正は確かに1撃のダメージは大きいですが、上手な美容師さんならダメージを最小限にしてくれますし、1度かければ数か月は持ちます。

 

私は6カ月くらいに1回縮毛矯正をかけています。

 

髪へのダメージが気になるって思う方も、縮毛矯正後のヘアケアを気をつければ、問題ないですよ。

私も10年以上縮毛矯正してますが、ダメージが髪が切れてしまったとか、髪の乾燥がひどくなったとかはありません!

 

それ以上に、くせ毛に悩んでいるなら、やはり縮毛矯正をかけることにはメリットがあります!

 

 

 

2.毎日のヘアアイロンをおすすめできない理由とは?

前髪や毛先を少し伸ばすくらいだったら、いいと思うんですが…

髪全体のくせを根本から伸ばすとなると…やっぱりヘアアイロンはおすすめできないですね。

この理由を紹介しますね!

 

時間がかかりすぎる

clock

まず、ヘアアイロンでくせ毛を伸ばすのであれば、一度に数十分かかってしまいます。

しかも、ヘアアイロンでくせ毛を伸ばすのって、朝の時間です。

 

「時間がないぃぃ」ってドタバタの朝、出かける前の時間って10分でも大きいのに…

毎朝ヘアアイロンの時間で準備に余計に時間がかかってしまいます。

 

湿気のある日や雨の日は絶望

rain

雨と湿気。これってくせ毛にとって天敵ですよね。

せっかく髪をストレートに伸ばしても、雨の日や汗をかいてしまうとすぐにうねうねの髪に戻ってしまう…

梅雨はほんとにいや…ですよね…私も天然パーマなので、よくわかります!

 

梅雨は毎日憂鬱でしたし、縮毛矯正がないと自分の汗で気づいたら髪がくるくるです。

 

縮毛矯正は、髪をストレートに形づけて固定する技術なので、汗をかいても、雨にぬれても、ずっとストレートのまま!

 

 

これって、縮毛矯正をかける一番のメリットだと個人的に思ってます。

縮毛矯正をかければ、雨や湿気におびえなくなりますよ(笑)

 

シャンプーマニア
ヘアアイロンでセットしただけだと、雨の日外に出ると絶望します(笑)

 

髪が痛む

hairiron

縮毛矯正は1撃の髪へのダメージが大きいですが、ヘアアイロンは日々小さなダメージをため込んでいきます。

 

そして、毎日アツアツのプレートで髪をサンドイッチするので、髪が硬くなって乾燥しやすくなって、パサパサになってしまうんですよね…

髪がダメージでパサパサになっていくと、見た目も老けて見えてしまいます。

 

 

3.迷っているなら「縮毛矯正」を体験してほしい

ここまで、毎日ヘアアイロンでくせ毛を伸ばすことがおすすめできない理由を紹介してきました。

 

私も本当にくせ毛がコンプレックスだったので、髪のうねりが気になってすっごく悩んでいました。

縮毛矯正に出会う前は毎日ヘアアイロンでくせ毛を伸ばしていたので、相当髪も傷んでいたと思います。

 

くせ毛に悩んでいるなら、ぜひ1度縮毛矯正を体験してほしいです。もちろん縮毛矯正が得意なサロンや美容師さんにお願いしてくださいね!

 

縮毛矯正のメリット

  • 朝ヘアセットの時間が短くなり、余裕ができる
  • 雨や湿気におびえなくなる
  • 縮毛矯正した髪はずっとサラサラストレート!
  • くせ毛の悩みから解放されて自信がつく

 

個人的な意見は、縮毛矯正をかけることにはかなりメリットはあると思います!

ただ、当然デメリットもあるんで、そこは十分注意してほしいです

 

縮毛矯正のデメリット

  • 定期的にかけ続けないといけない
  • お金がかかる
  • 失敗のリスクがある

 

縮毛矯正のメリット・デメリットについてはこちらで詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください!

 

 

-髪と頭皮の基礎知識
-,

© 2021 アミシャン