シャンプー・トリートメントは同じメーカーがいい?|違う種類でもいいの?

shampoo-componet

シャンプーとトリートメントは同じメーカーや同じブランドを使った方がいいのかな…

それとも全然、別々のメーカーを使ってもいいのかな…?

 

シャンプー&トリートメントは同じブランドで揃えた方がいいのか?ってシャンプーやトリートメント選びで意外と悩むポイントだとと思います。

  • シャンプー、トリートメントは同じメーカーや同じブラントを使った方がいいの?
  • バラバラのシャンプー、トリートメントを使っても大丈夫なの?使うときの注意点はあるの?

こんな疑問にお答えしていきます!

 

 

1.シャンプー・トリートメントは同じブランドを使うべき?

シャンプー&トリートメントは同じブランドを使った方がベターな理由

shampoo-bottle

成分のバランスが取れている

同じブランドのシャンプー&トリートメントは成分的にバランスが取れています。

同じブランドなら、「このシャンプーを使った後にこのトリートメントを使うように」「このトリートメントの前にはこのシャンプーを使うように」流れが考えられて作られています。

 

シャンプーにはそれぞれ特徴があります。

例えば、このシャンプーは「洗浄成分にすごくいい成分使われてる」とか「洗浄成分も補修成分も両方配合されてて、髪を洗いながら補修もできる!」とか「汚れを落とすことに特化してるとか」

それぞれのシャンプーの特徴に合わせて同じブランドのトリートメントの特徴も設定されている。もしくはトリートメントの特徴に合わせて同じブランドシャンプーの特徴が決められているとかです。

 

汚れをしっかり落として、髪と頭皮をしっかりケアするバランスがうまく取れているので同じブランドのシャンプー&トリートメントを使った方が効果が最大限発揮できるんです!

 

 

香りが混ざらない

香りってシャンプー選びでとっても大切な要素ですよね。

たくさんのシャンプーとトリートメントがあり、それぞれ香りが違うので、香りもシャンプー&トリートメントの特徴です!

 

同じブランドのシャンプー&トリートメントは同系統の香りを重ねることが多いです。同系統の香りなら重ねると強調されていくんですが、系統が違う香りを重ねると、ボケちゃうんですよ

 

香りがボケちゃうと、この香りって…なんの香り??

みたいになってしまいます(笑)

 

同じブランドのシャンプー&トリートメントなら、香りも強調されるように設定されているので、香りを楽しみたい方はやっぱり同じラインで使うのがおすすめですよ!

 

 

2.シャンプー&トリートメントは別のブランドでも大丈夫

基本は別々のブランドでも大丈夫

shampoo-componet

シャンプー&トリートメントは自由に選んでOK

シャンプーやトリートメントは身体に害があるものじゃありません。

それに、種類はたくさんありますが、どのシャンプーもどのトリートメントも基本は同じです。

 

あくまで同じブランドのシャンプー&トリートメントを使った方がベターってだけで、一緒に使わないといけない理由はありませんよ!

 

 

別々のシャンプー&トリートメントを買うときのコツ

別々のブランドのシャンプー&トリートメントを買おうとしたとき、どっちを重視しますか??

例えばシャンプー&トリートメントあわせて3000円で買おうとしたら…

  • 別々のブランドで2500円のシャンプーと500円のトリートメントで合計3000円
  • 別々のブランドで500円のシャンプーと2500円のトリートメントで合計3000円

別々のブランドのシャンプー&トリートメントを買うならどっちを重視しますか??

やっぱりヘアケアしっかりしてキレイな髪になりたいから、「500円のシャンプーと2500円のトリートメント」でしょ!と思いませんか??

 

髪の状態にもよるんですが…

おすすめなのは、2500円のシャンプーと500円のトリートメントです!

 

それだけシャンプーが自宅のヘアケアで大切なんです。

どうしてシャンプーが自宅のヘアケアでそんなに大切なのかはこちらで詳しく解説していますので、合わせて読んでもらえると嬉しいです!

ポイント

 

別のブランドのシャンプー&トリートメントを使うときのコツと注意点

check-point

成分のバランスをチェックして

シャンプー&トリートメントを別々のブランドで揃えるなら、絶対注意していただきたいことがあります。

それは、シャンプーの洗浄成分とトリートメントのコーティング力のバランスです!

 

市販のトリートメントは特にですが、成分にシリコンが多く入っています。

シリコン自体は髪表面をコーティングして、髪同士の摩擦を減らしたり、髪をドライヤーの熱から守ってくれるので、ヘアケアには必要な成分です。

 

ただ、シリコンはその日のシャンプーでしっかり落としてあげることが大切なんです!

 

シャンプーでシリコンが落とせず髪に残っていると、その上からトリートメントを塗ってシリコンを重ねることになりますよね。

シリコンが髪に重なっていくと、だんだん髪の仕上がりが重くなってきて、髪や頭皮のべたつきの原因になってしまうんです。

 

たっぷりシリコンが入ったトリートメントに洗浄力がちょーマイルドなシャンプーをぶつけてしまうと、シリコンが落としきれない!っていうトラブルにつながってしまいます。

 

シャンプーマニア
けど、シリコンの配合量なんてわかんない!ですよね

 

実際にトリートメントを作ってる人でないと、シリコンがどのくらい入ってるかなんて分かんないです。

けど、同じブランドのシャンプーがアミノ酸シャンプーかどうかをチェックしてみてください!

 

アミノ酸シャンプーなら頭皮や髪に負担を少なくしてシャンプーできるので、シリコンの配合量が少なくてもキレイに仕上がるんです。

さらに、メーカーさんもマイルドなアミノ酸シャンプーではシリコンが残ってしまうかもしれないのは分かってるので、たっぷりは配合できないですよね…

 

なので、気になるトリートメントがあったら、同じブランドのシャンプーをあわせてチェックしてみてください!

 

4.まとめ

というわけで、シャンプー&トリートメントは同じブランドを使うのがベターですが、違うブランドでも全然問題ありません。

別々のブランドを選ぶことで選択の幅も広がるかもしれないですね(笑)

ただ、気になるシャンプー&トリートメントがあったら、香りと成分はぜひチェックしてから使ってください!

-シャンプー見極め法
-,

© 2021 アミシャン