くせ毛に悩むメンズへ|縮毛矯正で失敗しないポイントを徹底解説!

女性だけでなく、メンズにも多い悩みのひとつ「くせ毛」

ヘアセットしたくてもくせ毛のせいで思うようにスタイリングできない。
雨や湿度の高い日は外に出かけたくない…縮毛矯正をかけたいけど、どんなヘアスタイルになるのか分からない。

 

そんな悩みのために、今回はメンズの縮毛矯正について、ご紹介していきます!
さらに、生まれつき天然パーマの、私なりのくせ毛との付き合い方を紹介していきます!

 

 

 

メンズが縮毛矯正するのってアリ?

 

メンズの縮毛矯正…

 

全然ありですよ!

 

くせがきれいに伸びていればスタイリングもしやすくなります。キレイにスタイリングできれば、テンションも上がりますよね。

 

ただ、単純に髪の毛全体に縮毛矯正をかけても、理想の仕上がりにはなりません!
メンズは特にですが、どのくらいの強さでどの部分に縮毛矯正をかけるのか、しっかり考えないといけません。
そうしないと、今度な逆にストレートすぎてスタイリングできない!ってなってしまいます。

 

 

縮毛矯正のメリットやデメリットって何があるのか、気になる方はこちらも合わせて読んでみてください!

合わせて読みたい

 

 

 

失敗しないために、縮毛矯正前にチェックしてほしい4つのポイント

メンズが縮毛矯正をかける前に、チェックしてほしいポイントがあります。

 

カットやヘアセットでどうにかなる場合が多い

hair-cut

 

くせ毛がコンプレックスだと「とにかく、くせを伸ばしたい!」そう思いますよね…

 

縮毛矯正は基本的にどんなくせ毛でも半永久的にストレートにできるので、くせ毛の強い味方です!
ただ、メンズのヘアスタイルは縮毛矯正しなくても、カットとヘアセットでどうにかなることも多いです。

 

縮毛矯正はきれいにストレートになるぶん、髪がぺたんこになりやすいです。
逆にスタイリングが難しくなることもあるので、まずはメンズのヘアカットが得意な美容院で相談してみましょう!

 

 

 

縮毛矯正をおすすめする方

必ずしも縮毛矯正をやる必要はありませんが、条件によっては縮毛矯正をした方が良い場合ももちろんあります。

・をレ点にする→どれか一つでも当てはまったら、かけた方が良いかもね!みたいな。

  • ストレート感の強い真っ直ぐな髪型にしたい
    髪の真っ直ぐなヘアスタイルが好きな方、毎日アイロンでくせを伸ばしてセットしている方

 

  • 髪が濡れることが多い
    スポーツや外仕事など汗をよくかく方や、朝セットしてもいつも時間が経つと、くせが出てきてしまうのが気になる方

 

  • くせが気になって仕方ない
    くせが強くて、縮毛矯正しないと髪がどうにもならない方。周りには大丈夫と言われるけど自分の中で許せないくせ毛をお持ちの方(あるある)

 

  • 湿気で髪が広がりやすい
    猫っ毛などで湿度が高いと髪が広がってきて大変な方(広がりのみ気になる方は梅雨前など1年に1回だけやる事も多いです。)

 

  • 髪が長くて、どうしてもセットで出来ない
    マッシュヘアやミディアムヘアなど髪が約10センチ以上の人。(カットだけだと、どうしてもくせが落ち着きにくいです。)

 

  • どんなにセットしても髪型がキマらない、収まらない
    そんなにくせが強くないんだけど、ボリュームがあったりしてメリハリのあるスタイリングが出来ない。髪型がキマらない人。

 

 

自分のくせ毛がどうしても気になる!なんとかしたい!と思っているなら、やはり縮毛矯正をかけてしまった方が良いと思います。

1日中くせ毛の心配するのってとっても疲れますよね。

縮毛矯正をかけてしまった方が精神的にも楽だし、自信が持てます。

 

 

 

自分のヘアスタイルが縮毛矯正に合っているかチェック

mens-straight

縮毛矯正は5センチくらいは髪の長さがないとかけることができません。

 

メンズのヘアスタイルで縮毛矯正に合うポイントは

  • 耳が隠れる&前髪が眉毛のしたくらいの長さがある
  • 前髪を下すか流すスタイル

このポイントが当てはまるヘアスタイルなら、縮毛矯正とのなじみもよく、メンズの縮毛矯正にも向いています。

 

具体的にどんな髪型がメンズの縮毛矯正と相性がいいのか紹介していきます!

 

 

短髪やショート

髪の長さが短すぎると、ほとんどの場合、薬剤を塗ることやアイロンでクセを伸ばすことができないので、そもそも縮毛矯正を行うことができません。

むしろ髪は短ければ短いほどクセが出にくくなるので、ベリーショートほどの長さの場合は、クセを活かした縮毛矯正なしのヘアスタイルがおすすめです。

 

耳が出るくらいの短い髪やショートヘアの場合、施術できないことはありませんが、やはり馴染みの悪さやヘアスタイルとしての持ちの悪さを考えると、髪の長さ的に縮毛矯正との相性は、あまりよくないため注意が必要です。

 

縮毛矯正だけでなく、縮毛矯正なしで短く刈り込んだクセを活かすヘアスタイルがおすすめです。

 

 

ボブやマッシュヘア

耳が隠れるくらいの長さになるボブやマッシュは、表面の髪の長さがある分、短髪やショートヘアに比べると縮毛矯正との相性は良くなります。
ただ、メンズのボブやマッシュのヘアスタイルの中には、クセや動きがあることで、雰囲気が出てスタイルとして成立しやすいものもあります。

 

希望のヘアスタイルによっては、縮毛矯正をかけて直毛のスタイルにしてしまうと雰囲気・動きを出していくことが難しくなる場合もあるので、まずは美容師さんとよく相談してください!

 

 

ミディアム~ロングヘア

さらに髪の長いミディアムやロングヘアになると、くせがかなり出てくるので、縮毛矯正が必須くらいになってきます。
後ろで縛れる程度の長さになるミディアム〜ロングヘアは、髪の長さ的には縮毛矯正との相性が良いスタイルて、髪の重みで多少落ち着くため、縮毛矯正の持ちも長くなります。

 

また、髪全体をボリュームダウンさせることで中性的な雰囲気を狙っていくこともできます。
ただ、ロングヘアほど髪が長くなるとスタイルとして成立させるための難易度の高いので注意が必要です。

 

 

 

おすすめの髪型はツーブロック

ツーブロックは、メンズの縮毛矯正でも、おすすめのヘアスタイルの一つです。

 

耳周りやえり足などクセが強く出やすい部分は短く刈り込んでクセやボリュームを抑えてあげます
前髪やトップなどカットだけではクセやうねりに対応できないパーツのみ、やや長さを残しつつ部分的に縮毛矯正をかけてあげることで、より自然なスタイルにセットできます。

 

 

縮毛矯正をかけるなら顔回りだけがおすすめ!

mens-straight-front

トップ(頭のてっぺん)にかける必要性はあんまりない

メンズの場合、あまり頭全体にわたって縮毛矯正をかけるのはオススメできません。

 

スタイリングが逆に難しくなってしまいます!

 

メンズの髪型を作る時はトップ(頭のてっぺん)とバック(後頭部)部分をふんわりと動きを出し、ヘアスタイルのバランスを良くする事が大切です!
なのに、縮毛矯正を髪の毛全体にしてしまうと、どうしても高さや動きの出したい部分がぺたんこになりやすいのでバランスが悪くなってしまうんです…

 

くせ毛の方は、このトップの部分がくせによってせっかく立ち上がりやすくなっているのがメリット!
わざわざ「ペッタンコ」にする必要は全くありません

 

 

 

顔周りだけなら、意外と安い!

メンズの縮毛矯正は、顔周りだけなら、意外と安くかけることができちゃいます!

 

縮毛矯正は美容師さんの技術もかなり必要で、メニュー自体が高価です。
「縮毛矯正とカットで2万円」なんてところも普通にあります。

 

けれど、顔まりだけや部分縮毛矯正ならカットこみで1万円以下でできるところもあります。

 

部分縮毛矯正をかける範囲によって値段は変わってくるので、縮毛矯正する前に美容師さんに確認してみてくださいね!

 

 

 

 

メンズ必見!私も実践する縮毛矯正との付き合い方を紹介

ここからは私が普段行っている縮毛矯正後のヘアケアやくせ毛との付き合い方を紹介していきます!

ぜひ、参考にしてください!

 

 

自分のくせ毛を知る

まずは、自分のくせ毛を知るところからスタートです。

どんなくせ毛なのか、頭のどの部分のくせが強いのか、髪が柔らかいのか硬いのか…などです。

 

私の場合、両親とも天然パーマで当然のように自分も天然パーマ。先天性のくせ毛でした。
髪質は柔らかめ、波打つようなくせ毛で、前髪の根本とうなじ周辺が特にくせが強く出ています。

 

くせ毛に悩んでいる方はまずは自分はどんなくせ毛なのか、チェックしてみてください。
頭のそれぞれの場所でくせの強さは違ってくるので、縮毛矯正をどこまでかけようか判断する目安になります!

 

 

部分的に縮毛矯正をかける

私は縮毛矯正をかけ続けて10年以上経ちます。
はじめて縮毛矯正をかけたころはくせ毛がとにかくイヤで前髪からうなじまで、縮毛矯正をかけていました。

 

3ヶ月に1度くらいのペースでかけていた時期もありました…
けれど、やっぱりかけ続けないといけないことや時間もお金もかかるので、髪型を少し変えてみて、縮毛矯正をかける部分を前髪だけにしました!

 

髪型を変えたときのポイント

  • 前髪は縮毛矯正でストレートに
  • もみあげはツーブロックにしてくせが目立たないようにカット
  • 襟足はくせが目立つ前に短くカット

こんな感じにしまた!

 

今はこの髪型が落ち着いて、半年~1年に1度くらいのペースで前髪だけ縮毛矯正をかけています。

 

 

前髪からうなじまで、頭全体に縮毛矯正をかけるとやはり値段は高くなってしまいます。

ただ、前髪だけなど部分的に縮毛矯正すれば値段もかなり抑えられます。

 

 

 

いちばん大切なヘアケア

先ほども紹介した通り、縮毛矯正は髪にかなり負担をかけてしまいます。

 

美容院で施術した直後はキレイなストレートに見えても、ダメージは髪に残ってしまいます。
美容師さんの技術にも左右されますが、縮毛矯正後のヘアケアはやっぱり必須です。

 

ヘアケアはやはりシャンプーとトリートメントを見直すことがベストです。

 

髪を優しく洗えるアミノ酸シャンプーにしましょう!
トリートメントも髪の補修が期待できる成分が配合されている製品を選ぶのがベストです!

 

 

アミノ酸シャンプーには、たくさんメリットがあり、髪が扱いやすくなるので縮毛矯正の持続期間も長くなります。
私はアミノ酸シャンプーに変えてから、半年以上持つようになりました!

 

髪が扱いやすくなって、くせが少し落ち着いたからだと思います。

 

ほかにも、縮毛矯正後に注意すべきポイントはたくさんあります。

ぜひこちらも読んでみてください!

 

 

合わせて読みたい

 

 

まとめ

いかがでしたか。

今回はくせ毛に悩むメンズが縮毛矯正前にチェックすべきポイントを紹介しました!
縮毛矯正は、くせ毛に悩むすべての人の強い味方です。

 

自分のなりたい髪型になるためには上手に縮毛矯正とも自分のくせとも付き合っていくことが大切です!

不安や気になるポイントは美容師さんとしっかり相談して、理想のヘアスタイルを目指していきましょう。

-髪と頭皮の基礎知識

© 2021 アミシャン