香水いらず?ふわっと香るおすすめシャンプー【いち髪】で女子力UP

ichikami-image

市販や通販では沢山のシャンプが売られています。数百円~数千円するシャンプーまで値段も様々です。

市販のシャンプーで最も安価なシャンプーがいち髪です。ドラッグストアやデパートでも売っています。
ボトルなら600円くらい、詰め替え用なら500円以下で買える、いち髪はどんなシャンプーなのか…

今回はいち髪をチェックしていきます!

 

 

 

1.いち髪とは

ichikami-image

出典:いち髪HP

 

いち髪はドラッグストアやデパートなどでもよく見かけるシャンプーです。
いち髪はクラシエ(Kracie)から発売されているアミノ酸シャンプーです。クラシエはほかには評判の高いアミノ酸シャンプー【HIMAWARI】も発売しています。

 

 

「すべての女性たちが健康的な髪を保ち、芯から美しい毎日を過ごせたら…」そんな想いで誕生したのがいち髪です。
毎日のシャンプーで美しい髪へ、使うたびに傷みにくい髪へと導くというコンセプトの元開発されたシャンプーです。

 

 

600円前後で変える、価格帯のシャンプーで探すなら…おすすめできるシャンプーです!

 

 

2.リニューアルした、いち髪

いち髪シリーズは2019年7月26日にリニューアルされ、新しくなりました。

  • ふんわりさらさらケア
  • なめらかスムースケア
  • 濃密W保湿ケア

 

  • ナチュラルケアセレクト モイスト
  • ナチュラルケアセレクト スムース

ナチュラルケアセレクトは配合されている成分が違っていて、上3つよりも値段は高めです。

 

今回は、

  • ふんわりさらさらケア
  • なめらかスムースケア
  • 濃密W保湿ケア

この3つに注目してまとめていきます。

 

 

3.気になる値段は?

いち髪の特徴は何といっても安さ

 

ドラッグストアやAmazonなどの通販サイトではおおよそ1本480ml入って600円から700円前後で販売されています。
さらに詰め替え用は340mlで400円くらいの価格で販売されています。

 

シャンプーボトルは1回のプッシュで出る量はおおよそ3mlです。
1回のシャンプーで1プッシュ使うとすると、5ヶ月くらい使うことができます!

 

 

4.配合されている成分に注目

シャンプーを語るうえでやっぱり重要になるのが洗浄成分です。
まずは洗浄成分から見ていきましょう!

 

今回注目した3種類は洗浄成分では大きな違いはありません。
洗浄成分はしたの4つです。

  • ラウロイルサルコシンTEA
  • パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルメチルタウリンNa

一番多く配合されている洗浄成分はラウロイルサルコシンTEAです。アミノ酸系洗浄成分をメインで使っているので、いち髪シリーズはアミノ酸シャンプーです。

 

 

ただ…
ほかのアミノ酸シャンプーを見ても、ラウロイルサルコシンTEAをメインの洗浄成分に使っているアミノ酸シャンプーはあまりありません。

 

 

ラウロイルサルコシンTEAはアミノ酸系洗浄成分の中でも、特殊です。
アミノ酸系洗浄成分の中では、洗浄力・殺菌力が強いです。なので、頭皮に負担がかかること、髪がきしむことが少し心配かな…と思わせる成分なんです。

 

 

ただ、サルフェート系の洗浄成分(ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Na)と比べれば、髪や頭皮への負担も少ないです。

 

 

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは髪に優しく、肌にも優しい洗浄成分です。
配合量は少ないと思いますが…
ココイルグルタミン酸TEAやココイルメチルタウリンNaは数千円するようなアミノ酸シャンプーにも配合されているような優秀なアミノ酸系洗浄成分です。

 

 

低価格帯シャンプーの中では間違えなく頭一つ抜けている印象です。

 

 

パッケージにもサルフェートフリーと書いてあります。サルフェートは硫黄系洗浄成分のことです。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが有名ですね。

 

 

5.この価格帯では珍しい、ノンシリコン!

いち髪シリーズのもう一つの押しは、ノンシリコンです。
シリコンは髪の表面をコーティングしてしっとりとした仕上がりにします。シャンプーで髪に負担をかけてしまう、高級アルコール系シャンプーには、きしみを感じさせないように配合されています。

 

 

高級アルコール系シャンプーの「高級」は「高価」という意味ではありません。
高級アルコール系シャンプーはラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Na、オレフィン系(C14~C16)スルホン酸Naなどの洗浄成分がメインに配合されたシャンプーのことです。

ドラッグストアなどで500円くらで買える安価なシャンプーはほとんどが高級アルコール系シャンプーです。

 

 

いち髪シリーズはシリコンを配合しない代わりに

  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド…毛髪表面に吸着して滑りや毛髪柔軟性を付与するカチオン界面活性剤
  • ポリクオタニウム-49…毛髪表面に吸着して滑りをよくするポリマー

など、髪に吸着するポリマーを配合することで、仕上がりや滑りを良くしています

 

 

ただ、やはり洗浄力が強めなので、シャンプーだけだときしみが気になる人もいるかと思います。きしみが気になるときはコンディショナーを使ってください。

 

 

 

6.いち髪は香りがいい?

women-image

 

いち髪は香りがとってもいいシャンプーです。
シャンプーした後、1日たっても自然ないい香りが残り続けてくれます。
これなら香水も必要ないくらいです!

 

気になる香りですが、桜のような甘く上品な香りがベースにでそれぞれのタイプに分かれて、少しずつ香りの種類も変わってきます。

 

 

  • なめらかスムースケア → 山桜の香り

ichikami-shampoo-smooth

出典:amazon

 

  • ふんわりさらさらケア → 桜の香りにザクロの香りをブレンド

ichikami-shampoo-sarasara

出典:amazon

 

 

  • 濃密W保湿 → 桜の香りにあんずの香りをブレンド

ichikami-shampoo-noumitsu

出典:amazon

 

ボトルデザインに合わせて香りが変わっているのもいち髪の特徴ですね。

 

 

7.香りを求める女性におすすめのシャンプーです!

女性に人気のいち髪シャンプー。シャンプーに香りのよさを求める方に特におすすめです!
シャンプーしている間も上品な香りがバスルームを包み込んで、リラックスできます。

 

間違えなくお風呂の時間が楽しみになりますよ!

 

香りが髪に残るのが特徴のシャンプーなので、
翌日も髪からふわっと、甘く上品な香りが自然と香ってきます。

香水のような不自然な香りじゃなく、すれ違った男性が思わず振り返ってしまうようなさりげない香りです!

 

 

8.まとめ

いかがでしたか。500円以下で買えるシャンプーの中でおすすめの、いち髪について紹介しました!

アミノ酸シャンプーは高いものが多いですが、この値段なら気軽に試せます!
気になったら、ぜひ一度使ってみてください。

 

-市販シャンプーのメリット・デメリット
-

© 2021 アミシャン