髪はどうして黒いのか|髪を黒くする成分「メラニン色素」ってなに?

髪の色や肌の色、瞳の色を決めているのはメラニン色素です。メラニン色素の量が少なくなれば髪の色は薄くなっていきます。

そもそもメラニン色素って、どうやってできて、どんな働きをしているんでしょうか。

今回は髪の重要成分「メラニン色素」について詳しく解説していきますね!

 

 

1.メラニン色素が黒く見えるのはどうして?

color

まず、少し周りを見回してみてください。目に見えるものにはすべて色がありますよね。

白、黒、赤、青、黄色…

 

そもそも色は物質ではありません。色は光の波長で決まるんです。
ちょっと難しいかもしれないですが、目に「ある波長をもった光」が入ってくると、目はその光はこの色だ!って認識します。

なので、色には特定の波長があるんです。

 

色の中でも、黒と白は特徴的な色です。

白は人の見える色の波長をすべて含んだ光が目に入ってきたとき見える色です。太陽光とかは、人の目に見える色の波長をすべて含んだ光なので、白く見えます

 

一方黒はすべての波長の光を吸収した色なんです。
なので、黒色に見えるものは可視光(人の目に見える光)をすべて吸収してしまっているからなんです。

 

ちなみに、部屋を真っ暗にしたらすべてのものが黒く見える(何も見えない)のは、そもそも光がないので目が何も見えてない状態になっているからです。(すべてのものが黒色になったわけじゃないですよ!)

 

黒く見えるメラニン色素は可視光をすべて吸収してしまう性質があるんです!

 

 

2.メラニンはどこで作られているの

肌は表皮の一番奥メラニンは細胞の奥にあるメラノサイトという場所で作られます。メラノサイトは表皮の一番奥の細胞にあります。

 

髪は毛母細胞と一緒にある

hair-melanosite

髪が黒色なのもメラニンのおかげです。髪の中にもメラニン色素が入っているんです。

 

髪は毛乳頭の中にある、毛母細胞というところから作られます。

 

毛母細胞は髪の毛根部分にあるんですが、毛母細胞と一緒にメラノサイトがくっついているんです。
なので、新しく髪の細胞ができて毛母細胞から伸びていくときにメラノサイトで作られたメラニンが髪の中に入っていくんです。

 

 

 

3.メラニンは具体的に何してるのか

メラニンは髪や肌を黒色にする成分です。では、メラニンは具体的にどんなことをしているんでしょうか。

 

色が黒く見えるものは、光を吸収する性質があるからでした。メラニンは紫外線から細胞を守るという働きがあります。

 

紫外線を浴びるとメラノサイトが活動してメラニン色素が生まれます。
メラニンは紫外線を吸収することで、髪や肌の細胞を守っているんです。

 

一般的には、髪には4%程度のメラニン色素が入っています。

髪にメラニンが入っているのも、大切な頭部の細胞を守るためなんです。

 

 

メラニンのできすぎはシミの原因に…

melanosite

 

ただし、メラニンがたくさんできればいいっていうわけではありません。

表皮の一番奥で作られたメラニンは皮膚のターンオーバーで肌表面まで上がってきます。

 

ターンオーバーが正常なら、肌表面まで上がってきたメラニンは垢になった皮膚と一緒に剥がれ落ちていきます。

ただ、ターンオーバーが乱れると、メラニンがうまく出ていかず、肌表面やその下の角質層などで沈着してしまうんです。

 

これが肌のシミの原因です。ターンオーバーが乱れる理由は様々ですが、加齢も大きな原因の一つです。
年齢を重ねるにつれてシミに悩むかたが増えるのは、肌のターンオーバーとメラニンの沈着が大きな原因なんです。

 

 

4.メラニンがなくなるとどうなるのか

メラニンがなくなってしまうと、今まで黒く見えていた部分の色が薄くなり、最終的には白っぽい色になってしまいます。

髪からメラニン色素がなくなってしまう原因はおおきく2つあります。

  • 脱色剤で分解
  • メラノサイトの活動の低下

 

脱色剤で分解

hair-color

 

ヘアカラーをするときは、黒の上からカラー剤を入れてもきれいな髪の色にはなりません。
一度メラニンを取り除いて、髪の色を薄くする必要があります。ブリーチもおんなじ原理でメラニンを分解して取り除いてあげているんです。

 

メラニンを取り除くと、当然髪は黒じゃなくなります。どんどん色が薄くなって、金色や銀色っぽくなります。

 

メラニンを取り除いた髪にカラー剤を入れてあげることで、カラー剤の色がしっかり出てくるので、なりたい髪の色になれるんです!

 

 

メラノサイトの活動低下

shiraga

こちらは白髪の原因なんです。メラノサイトの活動が低下すると、そもそもメラニンを作ることができなくなります。

 

黒い髪は毛母細胞で新しい髪の細胞が作られて、髪が伸びていくときにメラニン色素が髪と一緒に伸びていくことで、できます。

 

けれど、メラノサイトの活動が低下してメラニンが作られなくなると、新しい髪の細胞ができても、一緒に伸びていくメラニンがありません。

なので、髪は白い状態で伸びていくんです。

 

白髪についてはこちらで詳しくまとめているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

なぜ髪が白くなる?原因を解説|白髪予防できるシャンプーって?

 

 

 

5.まとめ

  • メラニンはメラノサイトで作られる
  • 髪や肌が黒く見えるのはメラニンがあるから
  • メラニンは紫外線を吸収して肌や髪を守っている

-髪と頭皮の基礎知識

© 2021 アミシャン