パンテーンダメージリペアシャンプーってどう?|成分と使用感を徹底解析!

pnatene-damage-repair-shampoo

パンテーン、ご存じですか。
CMもよく流れていて、かなり有名なシャンプーなので、使っている方も多いんじゃないでしょうか。

有名だけど、実際成分をチェックしてみると、どうなんでしょう?

 

今回はパンテーンダメージリペアシャンプーの成分と使用感をご紹介していきます。

 

 

 

1.パンテーンダメージリペアシャンプーってどんなシャンプー?

CMでよく見るパンテーン

ドラッグストアやデパートのシャンプー売り場に必ずおいてあるのが、「パンテーンシリーズ」のシャンプーです。

とっても有名なシャンプーで実際に使っている方も多いんじゃないでしょうか。

 

パンテーンには、たくさんのシリーズがあります。

  • パンテーン ベーシックライン
  • パンテーン ミセラー
  • パンテーン ミラクルズ
  • パンテーン 美容乳液シャンプー

 

今回ご紹介するのは、「パンテーン 美容乳液シャンプー」の「パンテーンダメージリペアシャンプー」です!

いろんなところで販売されているので、名前よりもボトルデザインの方がピンとくるんじゃないでしょうか。

 

夕方5時でも。パサつき、ひろがり、うねりフリーへ

パンテーンダメージリペアシャンプーのコンセプトは

 

夕方5時でも。パサつき、ひろがり、うねりフリーへ

 

すごいです。これがほんとなら絶対買いたくなります。

CMでも、このシャンプーで洗うたびに髪がキレイになっていくんだなぁ…って感じがします。

 

 

けれど、本当に大切なのはシャンプーの成分です。

実際シャンプーにはどんな成分が配合されているのか、成分表からチェックしていきましょう!

 

 

 

2.パンテーン ダメージリペアシャンプーの成分を解析

pnatene-damage-repair-shampoo1

出典:amazon

 

内容量500mL
価格1078(税込み)
香りホワイトピーチ&ジャスミン

 

シャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸Na、クエン酸Na、コカミドプロピルベタイン、キシレンスルホン酸Na、ラウリル硫酸Na、ステアリルアルコール、塩化Na、香料、セタノール、グリセリン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸、安息香酸Na、EDTA−4Na、ポリクオタニウム−6、ポリクオタニウム−10、トリヒドロキシステアリン、パンテノール、パンテニルエチル、ヒスチジン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

 

シャンプーマニア
えーーー

 

パンテーンって、こんなに洗浄力強いシャンプーなんだ…

初めて成分表をチェックしましたが、衝撃です(笑)

 

シャンプーは洗浄成分がとにかく大切なので、洗浄成分とその他の成分に分けてピックアップしていきますね。

 

洗浄成分をチェック

  • ラウレス硫酸Na
  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウリル硫酸Na

 

洗浄成分はこんな感じです。

 

なかなかパンチのある洗浄成分ですね…ラウレス硫酸Naとラウリル硫酸Naという洗浄成分が入っています。

 

強すぎる。洗浄力が強すぎます。

ラウレス硫酸Naが洗浄力が強すぎて良くないっていうのは、最近よく言われていますが…

 

ラウリル硫酸Naは、もっとやばいです。

 

そもそもラウリル硫酸Naが強すぎる+皮膚に刺激性があるって理由でラウレス硫酸Naが開発されたんです…

シャンプーの洗浄成分を知っている人なら絶対使わない成分だと思うんですが…

 

どうゆう狙いがあってこの洗浄成分が配合されているのかは正直分からないです。

けど…成分表を見ると、このシャンプーは使いたくないかなぁと思ってしまいます。

 

その他の成分もあわせてチェック

そこまで注目の成分は配合されていないなぁ…って印象ですね。

ノンシリコンシャンプーなので、シリコンは入っていませんが、

  • ポリクオタニウム-6
  • ポリクオタニウム-10

が配合されています。これはシャンプー後に洗い流したとき髪のきしみ感を緩和してくれる成分で、シリコンの代わりに入っています。

 

 

パンテーン ダメージリペアシャンプーはこんなシャンプー

  • 洗浄力がかなり強いので、髪に負担をかけてしまう
  • カラーやパーマなどして髪にダメージのある方、健康毛の方でも髪のきしみを感じるかも

 

 

3.実際の使用感は

成分を見ると、使いたくないかな…と思ってしまいますが、やっぱり試してみないとわからない!

ということでトライアルセットで実際に試してみました。

 

見た目

 

trial

見た目のデザインは結構好きです。「大人の女性」って感じのデザインです。

シャンプーもトリートメントも白っぽい感じで、普通のシャンプーとトリートメントって感じでした!

 

香りと泡立ち

香りはホワイトピーチの香りでした。香料が多いせいか分かりませんが、めっちゃいい香りでした(笑)

泡立ちはもとっても良かったです。やっぱり洗浄成分の特徴で泡立ち・泡持ちはとってもいいですね。

 

仕上がり

シャンプーマニア
きしむーーーー

やっぱりきしみを感じました。

 

半年に1回くらい縮毛矯正をかけている髪ですが、きしみました。

ダメージ毛の人には厳しいかなぁ…と思います。

 

髪がきしむときはトリートメント!と思いますよね。

実際、トリートメントをつければ髪はツヤツヤになり、きしみも感じなくなりました。

 

パンテーンのトリートメントはシリコンの量がかなり多いので、やっぱり仕上がりはツヤツヤになります。

シャンプー後にきしんでた髪が嘘のように…

 

シリコンは髪のメイク?

シリコンは髪をコーティングして手触りをよくしてくれます。

もちろんたくさんのヘアケアアイテムに使われているし、ヘアケアには重要な成分です。

ただ、上手に付き合っていくことが大切なんですよね。

 

シリコンはメイクと一緒です。

 

髪が痛んでいても、上からコーティングしていくので、ツヤツヤのキレイな髪に仕上がったと感じてしまうんですよね…

それに、シリコンを厚く塗りすぎてしまうと、シャンプーの洗浄力も自然と強力になってしまうんです。

強力にしないと、シリコンをシャンプーで落としきれなくなってしまうんですよね…

 

実際は髪が痛んでいるのに気づかず、シリコンをさらに厚塗りしてしまい、強力なシャンプーで余計髪に負担がかかる…

という悪循環に陥ってしまいます。

 

パンテーンはまさに

超強力シャンプー+シリコンたっぷりトリートメント

みたいな配合に感じてしまいました…

 

夕方5時はどんな髪?

夕方5時でも。パサつき、ひろがり、うねりフリーへ

というのがコンセプトのパンテーンダメージリペアシャンプーでしたが…

 

実際、夕方5時の髪はどうなのか…?

数日間このシャンプー&トリートメントを使ってみたけれど、確かにパサつきはなかった!

けれど、べたつきが気になりました。

 

 

5.まとめ

今回はパンテーンダメージリペアシャンプーの成分と実際使ってみた感想を紹介しました!

CMやホームページを見るとどうしても買いたくなっちゃいますが、成分を見るとちょっとな…と思います。

 

この値段と成分を見ちゃうと…同じくらいの値段で、もっといいシャンプーあるのにな…って思ってしまいます。

 

-市販シャンプーのメリット・デメリット
-, ,

© 2021 アミシャン