【忙しい朝に】寝ぐせやパサパサ髪を簡単にサラツヤにする方法とは!?

morning-image

ヤバい!朝時間がないのに、寝ぐせがついてるし、髪もパサパサ…ってあるあるじゃないですか?

朝の1分1秒って超大事ですよね。時間はないのにやることはいっぱいあるから、髪にあんまり時間をかけていられない。

今回はそんな方必見「なるべく時間をかけずに寝ぐせやパサパサ髪を直す方法」をご紹介していきます!

 

 

 

1.朝、寝起きの髪の状態って…

morning-image

まず、朝起きたときの髪の状態ってどうですか?

前髪がパッカーンって割れてしまっていたり、髪がボッサボサで絡まってしまったりしてませんか。

 

なにが原因かっていうと…寝返りや髪同士の摩擦でくせがついたり絡まってしまうんです。

 

 

2.寝ぐせを直していく方法とは

ここからは、寝ぐせを直していく方法をご紹介していきます。

まずは、全体的に優しくブラッシングする

combing-hair

ロングの方は特に、優しくブラッシングしてあげてください。

毛先からちょっとずつ…髪が長いほど、絡まりやすくなってしまうんで、いきなり根元からブラッシングしちゃうと痛かったり、髪が抜けてしまいます。

なので、毛先から優しくブラッシングしてあげましょう。

 

 

寝ぐせを直す基本は、濡らして乾かす

根元から毛先までブラシが通っても、うねりがついてしまっているところや、ぱっくり割れてしまった前髪の寝ぐせは簡単には治らないですよね。

基本的なくせ毛の直し方は、「根本を濡らしてくせを伸ばしながら乾かして直す!」です。

 

毛先ではなく、根元を濡らしてあげることが大切です。毛先を濡らすだけでは、クセは治りません!

 

 

蒸しタオルで寝ぐせ部分を濡らす

steamedtowel

寝ぐせを直す方法でおすすめなのが、「蒸しタオル」です。

 

まずは普通のタオルを濡らして、水が垂れないくらいまで絞ります。

そのタオルをレンジに入れて、1分くらいチンして温めれば準備OK!ホカホカの蒸しタオルの使い方は簡単で、くせの部分に直接当てるか頭全体を蒸しタオルでくるんであげます。

後は、髪がしっとりするまで、そのまま数分置くだけです!頭全体を蒸しタオルでくるんであげれば、くせをとっている間にご飯を食べることもできますね(笑)

 

洗い流さないトリートメントをつける

hairoil-image

蒸しタオルで髪をしっとり濡らすことができたら、洗い流さないトリートメントをつけて乾かしていきます。

この時つけるトリートメントの量は、シャンプー後につける量よりも少なめにしてあげてください。

つけすぎてしまうと髪がペタペタな仕上がりになってしまうので…もしくはペタペタになりにくいミストタイプの洗い流さないトリートメントも使ってあげてもいいかなと思います。

 

洗い流さないトリートメントにはオイル、クリーム、ミストの3つの種類があります。それぞれの特徴は別の記事でご紹介していますので、気になった方はあわせてチェックしてみてください!

あわせてチェック

 

洗い流さないトリートメントをつけた時点で、収まりもよくなってくると思います!

 

 

寝くせを伸ばしながら、ドライヤーで乾かす

洗い流さないトリートメントをつけてあげたら、ドライヤーで寝ぐせを伸ばしながら乾かしていきます!

上からドライヤーを当てながら、寝ぐせを伸ばすイメージで乾かしていきます。

この時半乾きだと、しばらくするとくせが出てきてしまうんで、しっかり乾かしてあげましょう。

 

 

これで完成!かなり収まりよく仕上がると思います。

まだ朝の時間があれば、アイロンを少し通して伸ばしてあげてもいいし、アレンジをしてあげるのもいいと思います!

 

3.まとめ

  • まずは、全体的に優しくブラッシングする
  • 寝ぐせを直す基本は、濡らして乾かす
  • 蒸しタオルで寝ぐせ部分を濡らす
  • 洗い流さないトリートメントをつける
  • 寝くせを伸ばしながら、ドライヤーで乾かす

 

この手順で、寝起きの寝ぐせやパサパサ髪をサラツヤ髪へ仕上げることができます。

忙しい朝にぜひ試してみてください!

-髪と頭皮の基礎知識
-,

© 2022 アミシャン