【シンプルで最強】おすすめアミノ酸シャンプー「ミノン」を徹底解説!

最近、ドラッグストアでよく見かけるようになったアミノ酸シャンプー。

髪や頭皮に優しい成分がたくさん入っています。
しかし、その成分がアレルギーやかゆみの原因になってしまうことも…

今回はアレルギーやかゆみに悩む方向けに絶対使ってほしいシャンプー「ミノン 薬用ヘアシャンプー」を徹底解説していきます!

 

 

1.アミノ酸シャンプーしても頭皮トラブルが治らない?

アミノ酸シャンプーは頭皮や髪にメリットがたくさん!

だからこそ、かゆみやフケなどの頭皮トラブル・切れ毛や枝毛などのヘアトラブルに悩む方に使ってほしいです!

 

ただ、アミノ酸シャンプーに変えたら逆に頭皮がかゆくなってしまった…という方もいらっしゃると思います。

 

頭皮や髪に良いから、アミノ酸シャンプーを使い始めたのに…逆に頭皮がかゆくなってしまったら不安ですよね。

 

アミノ酸シャンプーは使うことで頭皮や髪にメリットがたくさんあるのはホントです。
どうしてかゆみが出てしまうんでしょうか?

 

 

アミノ酸シャンプーでかゆみが出てしまう3つの原因

kayumi

アミノ酸シャンプーにしたのに、「かゆい」と感じてしまう原因は大きく2つあります。

  • 洗い残し
  • すすぎ残し
  • アレルギー

 

洗い残し

洗浄力の強いシャンプーほどもちろん汚れは落ちやすくなります。
けれど、髪や頭皮への負担が大きいので「頭皮の乾燥」や「フケ」などのトラブルの原因になります。

 

洗浄力が強い→汚れが落ちやすい→頭皮や髪にダメージが大きい

 

ただ、一つ注意があります。
洗浄力が強いほど汚れが落ちやすいので、雑にシャンプーしていても、汚れは落ちてしまいます。(さらに、油分も落ちてしまいます。)

 

一方、アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで頭皮や髪にとっても優しく洗い上げることができます。
さらに保湿力もあるので、頭皮と髪を健康にしてくれるので、多くの人におすすめできるシャンプーです。

 

洗浄力が弱い→汚れが落ちにくい→髪や頭皮に優しい

 

アミノ酸シャンプーの洗浄力はそこまで強くありません。
ただ、汚れが全く落ちないというわけではないんです!シャンプーの仕方の問題です。
正しいやり方でシャンプーすれば、不要な皮脂や汚れは十分落ちます。

 

洗浄が足りずに不要な皮脂や汚れが頭皮に残ってしまうとかゆみの原因になります。

 

正しく使いこなさないと、成分がよくても効果が半減してしまうんです…

 

 

すすぎ残し

アミノ酸シャンプーはとっても保湿力の高いシャンプーです。
保湿力が高い=頭皮や髪に吸着しやすい性質を持っているんです。

 

なので、シャンプー後しっかりとすすいであげないと、シャンプーが残ってしまいます。
洗剤が髪や頭皮にくっついていることと同じなんです。

 

せっかくシャンプーで汚れを落としても、シャンプー後のすすぎをしっかりしてあげないと、かゆみの原因になってしまうことがあります。

 

アレルギー

アレルギー症状は免疫が過剰に反応してしまうことです。
その人の体質で、特定の原因物質がアレルギー反応を起こす!と体に認識されて免疫系が過剰に反応してしまうことをアレルギー反応といいます。

 

アミノ酸シャンプーにはたくさんの天然成分や植物由来のエキス・オイルが含まれています。
髪の補修や頭皮の血行を促進するために配合されていますが、それがアレルギーの原因になってしまうことがあるんです。

 

「天然成分」や「植物由来」と聞くと、安全で優しいというイメージがあると思いますが、実は100%安全といえないんです。

 

いくつかアレルギーの例を見てみましょう。

  • そばが食べられないそばアレルギー
  • 金属が肌に触れるとかぶれてしまう金属アレルギー
  • もっとも有名なのは花粉症

すべて天然成分によるアレルギー、そばや花粉症は植物が原因のアレルギーですよね。

 

アミノ酸シャンプーにもアレルギーの原因になる可能性のある成分が実はたくさん含まれているんです…

 

 

2.逆転の発想!おすすめアミノ酸シャンプー「ミノン」

ここからはアレルギー体質の方にも一度使ってもらいたいアミノ酸シャンプー「ミノン」について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

 

アレルギー体質ならアミノ酸シャンプーは使えない?

allergies

  • アレルギーの原因になる成分がたくさん入っているなら、アミノ酸シャンプーは使わない方がいいの??
  • 私はアレルギー体質だから、アミノ酸シャンプーは使えない…

そう思う方もいるかもしれません。

そう思った方にぜひ使ってほしいのが、「ミノン 薬用ヘアシャンプー」です。

 

今のアミノ酸シャンプーはアミノ酸系洗浄成分を配合して、たくさん髪や頭皮に良い保湿成分や補修成分を配合しています。
成分表見ても、たくさんの成分の名前がびっしり書かれています!

 

実際、アミノ酸シャンプーの多くに入っている植物オイルや天然成分は髪や頭皮に良い成分なので、ヘアケアだったり頭皮ケアだったり、目的に合わせてぜひ活用してほしい成分です!
けれど、もしアレルギーが原因でかゆみが出てしまったときは、そのシャンプーのどの成分が原因なのか特定するのはきっと無理です…

 

なので、「ミノン」を一度使ってみることがおすすめです!

 

「ミノン」は今のシャンプーとは逆の発想のシャンプーです。

アレルギーの原因物質を極力カットする」これがミノンのコンセプトなんです。

 

製薬会社が作った、アレルギー体質の方に向けた本気のシャンプーって感じがします!

 

 

「ミノン 薬用ヘアシャンプー」ってどんなシャンプー?

minon-shampoo-image

 

乾燥肌や敏感肌、かゆみやフケに悩む人向けに発売されています。
けれど、とっても優しく洗えるので、子供にも安心して使えるので親子で使うのもアリだと思います。

気になる洗浄成分を見てみましょう。

 

【有効成分】

グリチルリチン酸2K

【その他成分】

ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、BG、POEセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル、ラウリン酸ポリグリセリル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、安息香酸Na、パラベン、香料、ヒドロキシエタンジホスホン酸液

 

これが全成分です。

まず注目なのが、薬用成分のグリチルリチン酸2Kです。
これはフケやかゆみ、頭皮の臭いを防ぐ成分です!

 

髪や頭皮を「保湿」や「補修」する成分を見ると、やっぱりほかのアミノ酸シャンプーと比べて配合されている成分は少ないです!

 

「頭皮がもともと持っているうるおいを保ちながら汚れを落とし、髪・頭皮を本来の美しさにする」感じの配合ですね。

 

「ミノン」の洗浄成分はとってもマイルド

シャンプーを見る時に絶対チェックしてほしいのが洗浄成分。

「ミノン」は薬用シャンプーなので、成分の表示がちょっと違います。

 

  • ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液 → ココイルグルタミン酸TEA
  • ラウロイルメチル-β-アラニンNa液 → ラウロイルメチルアラニンNa
  • ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液 → コカミドプロピルベタイン

 

化粧品の成分表示に直すとこんな感じ。
とってもマイルドだけど、適度な洗浄力があるから汚れはしっかり落とせるよ!って感じです。

 

「ミノン」が向いてる人はどんな人?

ここからは「ミノン」が向いているのはどんな人なのか、紹介していきます!

 

ミノンが向いている人

  • アミノ酸シャンプーに変えてみたけど、頭皮がかゆいと感じる人
  • アレルギーの心配がある人
  • フケやかゆみ、なにか頭皮にトラブルがある人

 

こんな方には、「ミノン」がぜひおすすめです!

 

逆に髪を保湿したり補修したりする成分はほとんど配合されていないので、よくカラーやパーマをしたり、ハイダメージヘアの方が使うときしみを感じると思います。

そんな時は、やはりコンディショナーも合わせて使うことがおすすめです!

 

 

3.コンディショナーもセットで使ってしっとり髪へ

minon-conditioner-image

「ミノン」は薬用シャンプーと一緒にコンディショナーも発売されています。

 

【有効成分】

グリチルリチン酸2K

【その他成分】

セテアリルアルコール、BG、濃グリセリン、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、L-グルタミン酸、ホホバ油、高重合ジメチコン-1、ジメチコン、DL-PCA・Na液、香料、POE硬化ヒマシ油、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体、アルギニン、パラベン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、PCA、乳酸Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、アスパラギン酸、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、水酸化Na、グリシン、アラニン、セリン、L-バリン、L-イソロイシン、スレオニン、プロリン、ヒスチジン、L-フェニルアラニン

 

「保湿」をかなり意識した配合です。
保湿成分としてよく使われるグリセリン、このコンディショナーには濃グリセリンがベースに配合されています。
アミノ酸も多く配合されています。アミノ酸は髪に吸着して保湿の役割をするので、保湿力がアップします!

そして保湿した髪をジメチコンでコーティングして、髪の手触りを良くしています。

 

仕上がり感はしっとりして、かなり手触り感もいいです。

髪の保湿をとことん考えたコンディショナーですね!

 

 

4.まとめ

いかがでしたか。

「いろんな植物エキスとたっぷり配合する」今主流のアミノ酸シャンプーとは違う、アミノ酸シャンプー「ミノン」を紹介しました。
アレルギーが心配だったり、フケやかゆみが気になるという方にはぜひ使ってもらいたいシャンプーです!

ハイダメージ毛だとやはりきしみが気になるかもしれませんが、そうでないならとってもおすすめなアミノ酸シャンプーです!

-アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

© 2021 アミシャン