市販最強のアミノ酸シャンプー|ボタニストダメージケアシャンプーを徹底解析!

ドラッグストアでも買えるアミノ酸シャンプーでどれが一番いいシャンプーなんだろう…

ドラッグストアで「ボタニスト」ってよく見るけど、実際どうなんだろう…

 

そんな疑問を持つ方に向けて、今回は市販で最強のシャンプー「BOTANIST ダメージケアシャンプー」を徹底解説してきます!

 

 

 

1.市販最強のシャンプーBOTANIST

botanist-shampoo

SNSやアットコスメで人気に火が付いたBOTANISTシリーズ。
東京にはBOTANIST専門店ができるほど人気のヘアケア商品です。

 

ドラッグストアやデパートでも売っているヘアケア商品なので、一度は見たことあるはずです!

 

 

幅広いラインナップ

BOTANISTシリーズは全部で5種類発売されいます。

  • モイスト
  • スムース
  • バウンシーボリューム
  • ダメージケア
  • スカルプケア

 

それぞれが特徴を持っているヘアケア商品ですが、シャンプーに大切な洗浄成分を見ると、どれもアミノ酸系ベタイン系の洗浄成分のみなので、おすすめのアミノ酸シャンプーです!

 

ドラッグストアにも普通に並んでいるけど、これって実際どうなんだろ?って思ったことありませんか。。

全部を解説していると、とてつもなく長くなっちゃうので、今回はボタニストシリーズの中でも特におすすめな「BOTANIST ダメージケアシャンプー&トリートメント」を紹介していきます!

 

 

おすすめの「BOTANIST ダメージケアシャンプー&トリートメント」

botanist-damagecare

6種類あるBOTANISTシリーズの中で、どれが一番おすすめなのか。
頭皮や髪の状態によって、それぞれおすすめのシャンプーは変わってきますが…

 

成分を見て一番おすすめなのは、「BOTANIST ダメージケアシャンプー」です。

 

BOTANISTシリーズはどれもアミノ酸シャンプーでおすすめなんですが、「ダメージケアシャンプー」は洗浄成分のほかの成分もすごいんです!

 

詳しく紹介していきますね!

 

 

 

2.BOTANIST ダメージケアシャンプーの成分をチェック

damagecare-shmapoo

 

洗浄成分をチェック

まずは、シャンプーで一番大切な成分の洗浄成分をチェックしていきます!

配合量の多い洗浄成分をピックアップすると、注目は4つです!

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • コカミドプロピルベタイン
  • PEG40-水添ヒマシ油

 

アミノ酸系+ベタイン系の洗浄成分でとっても髪と頭皮に優しい洗浄成分です。
PEG40-水添ヒマシ油はクレンジング成分で洗浄力をちょっとプラスするための配合になっています!

 

洗浄成分を見るとアミノ酸シャンプーの中では洗浄力は少し強めかな?って感じです。

 

それぞれの成分の特徴をチェックしていきます。

 

 

ココイルメチルタウリンNa

タウリンってアミノ酸じゃないので…ほぼアミノ酸系洗浄成分。
特徴はアミノ酸系洗浄成分にかなり似てるので、アミノ酸系洗浄成分の中に入れていきます。

適度な洗浄力があるけれど低刺激なのが特徴で、仕上がりはさらっとした感じです。

 

 

ラウロイルメチルアラニンNa

こちらもアミノ酸系洗浄成分です。
ココイルメチルタウリンNaと同じような特徴があります。

ラウロイルメチルアラニンNaのほうが、ココイルメチルタウリンNaよりもさらっとした仕上がりになります。

 

どちらも3000円を超えるサロンシャンプーにもよく配合される優秀な洗浄成分です!

 

 

コカミドプロピルベタイン

ベタイン系の洗浄成分です。

数百円のシャンプー~数千円のシャンプーにまで配合されている成分で、ほとんどのシャンプーに配合されているのでは?と思います。

洗浄力はかなり控えめで、配合するとシャンプー全体の洗浄力をマイルドにしてくれます。

 

 

PEG40-水添ヒマシ油

低刺激で洗浄力のあるクレンジング成分です。
化粧落としと同じで油分で油汚れを落とすことができます。

 

シリコンやオイル成分を除去する目的で配合されることが多い成分で、シャンプーに配合されているのはちょっと珍しいですね…

 

 

その他の成分をチェック

洗浄成分だけでも十分に優秀なんですが、
市販アミノ酸シャンプーの中でもダメージケアシャンプーが特にすごいのがその他の成分です!

 

その他の成分がほんとにすごい!

 

なんで、市販シャンプーでこんなにいい成分配合できるの!?ってくらいいい成分がいっぱい入ってます…

 

 

ペリセア

成分表には「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」と表記されています。

この成分がすごくいい!!

 

市販のシャンプーではなかなか配合されていない成分で、髪に付着すると1分程度で内部に浸透&修復してくれるスーパー補修成分です。
しかも、水で洗い流しても髪に残りやすいので、より髪の補修が期待できます!

 

もちろん、シャンプーはトリートメントとは違い、「髪を洗浄することが」一番の目的なので、シャンプーだけで、髪がツヤツヤに生まれ変わる!なんてことはありませんが…

 

毎日のシャンプーでのダメージを最小限に抑えることができます!

 

 

メドゥフォーム-δ-ラクトン

ペリセアは髪の内部に浸透して補修してくれる成分でしたが、この成分は熱に反応して髪表面の保護と補修をしてくれます。

 

ドライヤーなどの熱をかけると、髪表面に結合してキューティクルの保護と補修をしてくれます。
ヒートプロテクト成分と呼ばれていて、仕上がりは髪が少し硬くなります。

 

 

ゼイン

市販シャンプーに配合されているのはかなり珍しい成分「ゼイン」。
ダメージケア成分で、キューティクルを整える効果やカラーの色持ちをアップさせる効果があります。

 

カラーをよくする人やカラーが原因で髪が傷み気味…という人にはとってもおすすめの成分です!

 

 

セテアラミドエチルエトニウム加水分解コメタンパク

この成分はメドゥフォーム-δ-ラクトンと同じで髪の表面を補修する成分です。
髪表面にはキューティクルがあって、キューティクル表面には18-MEAという成分があります。

 

この18-MEAが髪を保護してくれているんですが…カラーやパーマ、紫外線などで壊れてしまうんです。

髪は死滅細胞なので、一度傷つくと元には戻りません。

 

セテアラミドエチルエトニウム加水分解コメタンパクは疑似キューティクルと呼ばれていて、傷ついた18-MEAを疑似的に補修してくれる効果があります。

 

なので、健康的な髪の状態に戻してくれるんです!

 

ほかにも、「加水分解ケラチン」や「ヒマワリ種子エキス」、「ホホバ種子油」などなど髪の補修・保湿成分も盛りだくさん配合されています。

 

 

3.BOTANIST ダメージケアトリートメントの成分をチェック

damagecare-treatment

 

成分表を見てみると、水の次にジメチコンが多く配合されてます。ジメチコンはシリコンのことです。

 

シリコンの配合量多いぃ!」。トリートメントの成分表を見て、最初の感想がこれでした。

 

シリコンの量が多いので、結構しっとりした仕上がりになると思います。

シャンプーでクレンジング剤として配合されていた、PEG40-水添ヒマシ油は髪に残っているシリコンを落とすために配合されているみたいですね。

 

 

トリートメントの注目成分

シャンプーと同様に髪の補修・保湿成分がたくさん配合されています。

  • メドゥフォーム-δ-ラクトン
  • セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク
  • ペリセア
  • 各種エキス、オイル

 

シャンプー紹介の際に登場したへアケア成分が配合されたトリートメントです!

各種エキスやオイルは髪や頭皮の保湿成分です。
数種類のオイルが配合されていますが、特にホホバ油は保湿性の高いオイルです!

 

「ダメージヘアを補修してシリコンでしっかりとコーティングする」っていう狙いが見えるトリートメントです!

 

 

 

4.デメリットをあげるなら

市販でかなり優秀なシャンプーですが、あえてデメリットをあげるなら…

  • 成分が頭皮に残りやすい
  • トリートメントにはシリコンが多いのでしっとりしすぎるかも

 

この2つです。

アミノ酸シャンプー全般に言えることですが、成分が頭皮に残りやすいです。

 

シャンプーで一番大切なすすぎを特にしっかりとしてあげてください!
成分が頭皮に残ってしまうと、かゆみの原因になってしまうことがあるので…

 

あと、トリートメントにはシリコンが高配合されています。
シリコン自体はいいんですが、毎日使っているとしっとりしすぎな仕上がりになってしまうかもしれません。

 

特に髪が短いと、しっとりしすぎてベタっとした仕上がりに感じるかもしれないです。トリートメントは何日かに1回のペースくらいでいいかもしれないですね。

 

 

 

5.使ってみた感想は?

ここからは実際に使ってみた感想を紹介していきます

 

私の髪質やダメージ量だとトリートメントも使うとしっとりしすぎるかも…と思ったので、トリートメントは使わなかったです。

 

なので、今回はシャンプーだけの感想を紹介していきますね!

 

 

見た目は

botanist-shampoo-review

かなりシンプルな見た目です。

 

今、BOTANISTと同じ値段くらいシャンプーはパッケージがオシャレなシャンプーが多いので、その価格帯のシャンプーと比べてもデザインはシンプルです。
とにかく中身にこだわってるから!なのかなって思います。

 

シャンプーの見た目は透明で粘度も普通のアミノ酸シャンプーかな?って感じました

 

 

香りは

香りは、強いです!シャンプー中もかなり香ってきます。
フルーティーな香りで、甘すぎではないんですが、結構特徴的な香りでした。

私は使っていくうち慣れてきて、好きになりました。

 

 

泡立ち、きしみは

アミノ酸シャンプーって泡立ちがよくないって言われることがよくあるんですが…

泡立ちはよかったです!

シャンプー中、すすぎ中も髪の引っかかったりやきしみを感じることもなく、気持ちよくシャンプーできました!

 

 

仕上がりは

shampoo-shiagari

仕上がりはこんな感じです。

 

メドゥフォーム-δ-ラクトンの影響だと思いますが、ちょっと髪が硬くなったかな?って感じです。

指で触ってみて、「髪が硬くなった!!」ってなるほど変わることはないので、安心してください。

 

 

かなりいい感じでした

使用感も仕上がりもかなりいい感じのシャンプーでした!
半年くらいのペースで縮毛矯正をかけている、ライトダメージの僕の髪にはピッタリのシャンプーです。

 

トリートメントは使わなかったですが、それでも仕上がりはかなりいい感じでした!

 

ただ、髪に残りやすい成分も入っているので、シャンプー後のすすぎには特に注意が必要です。

口コミを見ると、使っているとかゆみが出たという口コミもありました。僕は使っていて特にかゆみなどの頭皮トラブルはありませんでした。

 

 

 

4.こんな人におすすめ!

ここからは、BOTANISTダメージケアシャンプーがおすすめな人がどんな人なのか、ご紹介していきます!

 

こんな方におすすめ

  • パーマやカラーをよくかける、ダメージ毛の方
  • 香りを楽しみながらシャンプーしたい方
  • コスパのいいシャンプーで日々のヘアケアをしたい方
  • 香りが好みなら、男性・女性どちらにもおすすめ!

 

やっぱり香りが好み分かれそうなので、気になった方は一度トライアルセットで香りを確かめてみるのがおすすめです!

 

ヘアケアに注目したシャンプーですが、アミノ酸系洗浄成分自体が頭皮にも髪にもいい成分なので、健康な髪や頭皮をめざせます。
健康な髪や頭皮を目指したい男性にも女性にもおすすめなアミノ酸シャンプーです!

 

PEG40-水添ヒマシ油を配合して洗浄力を上げてあるので、整髪料をつける男性にもおすすめなシャンプーです!

 

5.まとめ

いかがでしたか。

今回は市販最強のアミノ酸シャンプー「BOTANIST ダメージケアシャンプー&トリートメント」を紹介しました。

サロンシャンプーに負けない配合で、かなりハイレベル!

いろんな方におすすめできるので、気になったらぜひ使ってみてください!

-市販シャンプーのメリット・デメリット

© 2021 アミシャン